image: William Heath, 1828, Wellcome Library, London
テムズ川の水には病原菌がうじゃうじゃいるよ!とロンドン水道局をおちょくった風刺画


お食事中の方は、くれぐれも読まないでください。

これはロンドンが歴史上もっとも不潔だった頃のおはなしです。

19世紀後半、イギリスで花開いた産業革命は首都ロンドンに富と繁栄をもたらし、同時にゴミと排気ガスをまき散らしました。医療がまだ発達していなかった当時、ちょっとしたケガや体調不良も命取りになりかねない状況におかれたロンドン市民の間では、ありとあらゆるニセ医学が横行したそうです。

ニセ医学の多くは科学的根拠を持たない迷信だったようで、空気中から「炭酸」を洗浄するために水を張ったたらいを置いておくだとか、肌が汚れると汗をかけなくなり、毒素が直接毛穴を通して体の奥に入りこんできて病気になるだとか、意味不明のものから完全なデマまでいろいろとあったようです。

ニセ医学の横行はある意味仕方のないことでした。「近代細菌学の開祖」たち、ルイ・パスツールが微生物の存在を証明したのが1860年代、ロベルト・コッホが炭疽菌、結核菌、コレラ菌を確認しそれぞれが引き起こす病気と結びつけたのが1870年代。その後ふたりの研究成果を土台に細菌学の知見がどんどん蓄積されていき、1884年までには腸チフス、結核、コレラ、赤痢、マラリア、破傷風、肺炎など、細菌がひきおこす病理の病原菌をおおかた特定することができましたが、それ以前は医療とエセ医療の境界線が非常にあいまいだったのです。

しかし、すべてのニセ医学が悪いともいえません。なぜなら、「医学」や「科学」をうたった数々のデマの中には、実際当時ロンドンで暮らしていた人々の生活を改善し、命を救ったのものもあったからです。


170612_victorian_fake_science_cholera.jpg
image: Robert Seymour, 1831. image: U.S. National Library of Medicine
コレラは「勝者も敗者も等しく征服する」


ヴィクトリア朝ロンドンに流行した、もっともポピュラーかつ現実とかけ離れた考え方に、イヤなにおいは体をむしばんでいくというものがありました。クサイにおいは不快なだけでなく、「ミアズマ(miasma)」となって病理を引き起こし、最終的には死に至らしめることもあるのだ、と考えられていたそうです。

当時のロンドンがどれぐらい不潔だったかを物語るディテール満載の本『不潔都市ロンドン: ヴィクトリア朝の都市浄化大作戦(原題:Dirty Old London)』の著者、リー・ジャクソンさんは、「ミアズマ」を「悪臭、特に腐敗した物の匂い」と定義しています。日本語では「瘴気」が一番近いでしょうか。広辞苑には「熱病を起させる山川の悪気」とありますが、かつては日本でも似たような迷信があったことがうかがえます。

産業革命のまっただなかにあり、当時急成長していたロンドンの都市部は、まさにミアズマだらけだったそうです。数ある異臭の中でもまず鼻についたのが人間のオシッコの臭い。当時は公衆便所がなかったせいで、男たちは所かまわず立ちションしまくりだったそうです。女性はさすがに外で用を足すわけにもいかず、外出を極力控えざるをえなかったとか。

同じぐらい臭かったのは「豚小屋(pigstye)」と呼ばれた家庭の生ゴミ置き場でした。置き場というか、路地にただ放置されていただけというゴミの山の中身は、「灰、骨、カキの殻、腐りかけの野菜、腐ったドロドロの魚、それに溶けかけた子猫の死骸(『Dirty Old London』より抜粋)」…。

さらに、各家庭の裏庭には肥溜めがあったそうです。裕福な家の裏庭にもやはり肥溜めがあり、ここには夜な夜な桶を担いだ男たちがやってきて屎尿を夜の闇にまぎれて運び出したそうです。そんなに裕福でもない家庭は共同であふれんばかりの肥溜めを使っていましたが、これは地主のきまぐれによってかき出されたり、かき出されなかったり。

これらの肥溜めに行政の規制は行き届いていませんでした。そのクサさもさることながら、無秩序に掘られた肥溜めからは人の排泄物が地層に溶け出して、飲み水となる地下水を汚染していたと、ヴィクトリア時代に詳しい歴史家のルース・グッドマンさんは米Gizmodoの記者に語っています。


170612_victorian_fake_science_vinaigrette.jpg
Image: Science Museum, London, Wellcome Images
ヴィネグレットと呼ばれる小さな携帯用お香入れに、酢を浸みこませたスポンジを入れて悪臭ただよう街中で嗅いで病気を「予防」したそうです


オシッコ、生ゴミ、肥溜めよりもクサいものはないと思いきや、なんと墓地からは腐りかけた死体の異臭が漂っていたというからびっくりします。人工過密になったロンドンの共同墓地は、需要に追いつかず埋める土地がなくなってしまい、遺体の仮置き場のような有様になっていたそうです。欧米では日本のように火葬しないので、新しい遺体は古い遺体の上にどんどん埋葬されていき、時には古い遺骨を骨壺に保管して埋葬場所を確保するほどだったそうです。

スパ・フィールズという当時人気のあった墓地は、1830年代にはすでに「完全な飽和状態」だったらしく、他のロンドン市内の教会墓地もあまりに混んでいたために遺体が土の表面すれすれに埋められていたことも多かったとか。ほとんどの墓地は住宅街に位置しており、「墓場の臭気」は一般的に馴染みが深かったそうです。実は、作家のジャクソンさんによれば、この遺体が腐敗する臭いは人体に無害なのだそうですが、それでも「死のにおい」と感相まって忌み嫌われたのは当然ですよね。

このように、かつてのロンドンではふだんの生活がいかに恐ろしい悪臭に何重にも包囲されていたかを考えると、そこに住んでいた人々が原因不明で特効薬のないコレラや、チフスや、結核から身を守るためにインチキ医学に傾倒していったことはそう不思議ではありません。こうして「ミアズマ」を信じきったロンドンのお役人たちは、ロンドンから徹底して悪臭を追放しようと行政改革を始めたのだそうです。

汚染された井戸水に頼ることのないよう水道システムを作り、下水道システムを作り、郊外の緑豊かな丘に新しい墓地を建設し(これはフランス人に倣ったものだそう)、だれでも使える便所や銭湯を設置して「ミアズマ」を減少させることに成功しました。果たして、臭いの減少と共に、病気の発生も減少していったそうです。この因果関係はお役人たちをいっそう「ミアズマ」の病理を確信させるに至りました。それで、よかったのです。デマであれなんであれ、結果的にはロンドンの衛生状態が向上されて「公衆衛生学」が誕生したのですから。

1840年代に「公衆衛生の改革」を掲げて活躍した社会改革者のエドウィン・チャドウィックが「すべての悪臭は病理だ」と信じていたからこそ、ロンドン市民にはラッキーなことに公衆衛生の大幅に改善されたのです。

臭いものが悪いものと信じるのはとても便利な考え方だったと、作家のジャクソンさんは米Gizmodoに語っています。「例えば、病気が蔓延していたスラム街も臭かった。その臭い対策として、1850年代から70年代にかけて新たに統一された下水道システムが開発され、ロンドンは未然のコレラやチフスの大流行から救われたんだ。『ミアズマ』という間違った考え方によるものだったが、結果はとてもポジティブだった」


170612_victorian_fake_science_officials.jpg
image: Robert Seymour Robert, 1798-1836 via The National Library of Medicine
ロンドンの市役所職員たちが「コレラ」を捜索している風刺画


もちろん、「ミアズマ」信仰はいいことばかりではありませんでした。当時は悪臭が病いを引き起こすことは一般的と考えられていたものの、どの程度の病いを引き起こすかはその人の不道徳や悪い行ないによって左右されるとも考えられていたそうです。

既出の歴史家グッドマンさんによれば、同じ「ミアズマ」が、ある人には肺病、また別の人には腹痛といったように、人となりと状況によって異なる症状を引き起こすと考えられていたそうです。そして、そのような内在する態度や考え方によって病気の症状が違ったり、ポジティブシンキングにより病気を軽減できるといった考え方は、実は現代にも通じているところがあるのだそうです。

確かに、19世紀初頭のヴィクトリア朝ロンドンと、現代社会に共通点があるとしたら、それはいかにニセ医学やニセ科学に基づいた考え方を簡単には払拭できない点ではないでしょうか。医学的な見地に基づいた病気に関する「真実」が確立されても、デマや迷信は根強く残ります。すべてが科学的根拠をつないだ理論的な線上に展開していくわけではない、とも言えます。自分にとって便利な情報を信じてしまいたくなる人間の心理は、今も昔も変わらないんですね。


Image: Wellcome Library, U.S. National Library of Medicine, Science Museum (London), Wellcome Images
Source: Amazon.co.jp, Amazon.com, Wikipedia 1, 2, 3

Starre Vartan - Gizmodo US[原文]
(山田ちとら)