ベガルタ仙台【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 天皇杯2回戦が21日に各地で開催された。今年もJ1のクラブが敗れる波乱が起きている。

 J1のベガルタ仙台は、茨城県代表の筑波大学に2-3で敗れた。開始直後に先制された仙台は、中野嘉大の2ゴールで一時は逆転するも、その後2点を奪われている。

 FC東京はAC長野パルセイロと対戦し、120分間を戦って1-1の引き分けだった。PK戦の末に大会から敗退が決まっている。

 北海道コンサドーレ札幌は、福島県代表のいわきFCと対戦。2-2で90分間を戦い終えると、延長戦で3失点を許して2-5で敗れた。

 ジュビロ磐田はベストアマチュアシードのHonda FCと120分間を戦って2-2で試合を終えたが、PK戦でなんとか勝ち上がりを決めている。

 ヴァンフォーレ甲府は、青森県代表のヴァンラーレ八戸に0-1で敗戦。J2の京都サンガF.C.は静岡県代表のアスルクラロ沼津に0-1で負けて姿を消した。

 鹿島アントラーズや名古屋グランパスは格下を相手に大量得点で勝利。浦和レッズはグルージャ盛岡に苦しめられたが、3-2の勝利を収めた。

 天皇杯2回戦の結果は以下のとおり。

鹿島 5-0 FCマルヤス岡崎
山形 1-0 長崎
札幌 2-5 いわきFC
清水 4-1 ギラヴァンツ北九州
柏 1-0 ブリオベッカ浦安
町田 2-4 大分
FC東京 1-1(PK4-5) AC長野パルセイロ
岡山 0-0(PK5-3) FC今治
G大阪 3-0 ヴェルスパ大分
千葉 1-0 東京V
湘南 1-0 国士舘大学
大宮 3-0 tonan前橋
愛媛 2-1 讃岐
仙台 2-3 筑波大学
福岡 4-2 宮崎産業経営大学
浦和 3-2 グルージャ盛岡
水戸 1-2 熊本
新潟 2-1 バンディオンセ加古川
C大阪 2-0 新潟医療福祉大学
神戸 3-1 カターレ富山
金沢 2-0 横浜FC
横浜FM 3-1 FC大阪
京都 0-1 アスルクラロ沼津
川崎F 2-0 栃木ウーヴァFC
山口 1-2 群馬
甲府 0-1 ヴァンラーレ八戸
名古屋 6-0 SRC広島
広島 3-2 鹿児島ユナイテッドFC
徳島 0-3 岐阜
鳥栖 3-0 松江シティFC
松本 4-0 MD長崎
磐田 2-2(PK5-4) Honda FC

text by 編集部