フィリピン南部ミンダナオ島のピグカワヤンで巡回にあたるフィリピン軍の兵士(2017年6月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)フィリピン軍当局によると、南部ミンダナオ(Mindanao)島のピグカワヤン(Pigkawayan)で21日、イスラム武装勢力が小学校を一時占拠し、複数の民間人を人質に取って立てこもった。武装勢力は同日夜に逃走し、人質31人は無傷で解放されたという。

 フィリピン軍の報道官を務めるレスティトゥート・パディージャ(Restituto Padilla)准将は21日夜、AFPの電話取材に「すべて解決した。人質は全員、無事が確認された。誰も負傷していない」と述べた。地元の軍報道官も同様の説明をしている。

 報道官2人の説明によると、武装勢力の戦闘員らは人質31人を置き去りに、暗闇に乗じて逃走したという。人質となっていた人々のうち12人は子どもだという。

 これに先立ちフィリピン軍は、数百人の戦闘員が夜明けごろに軍の前哨基地を襲撃し、うち約30人が小学校を占拠して複数の民間人を人質に取ったと発表した。AFPの電話取材に応じた軍報道官は、武装勢力が「人質を人間の盾として利用している」と語り、小学校の周囲には手製の爆弾が設置されたと述べていた。

 ピグカワヤンはイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」系の武装勢力が軍と1か月にわたって戦闘を続けるマラウィ(Marawi)から約160キロの位置にある。

 パディージャ報道官は先に、小学校を襲撃した集団はミンダナオ島で活動する4つの武装勢力の一つ「バンサモロ・イスラム自由戦士(BIFF)」に所属しているとの見方を示していた。地元警察はBIFFによる襲撃について、マラウィで市街戦を続けるIS系武装勢力を支援する陽動作戦の可能性を指摘している。
【翻訳編集】AFPBB News