水に潜って魚を獲ったり、水上に優雅に浮んだり、中には泳ぎが得意な鳥もいるのだろう。

しかし「フクロウ」はどうだろうか。フクロウが泳ぐ姿は想像がつかないし、いまいちピンとこないのでは?

泳ぐフクロウ目撃される

泳ぐイメージのないフクロウだが、実際に泳いでいる姿が目撃され注目を集めている。

場所は、米ユタ州とアリゾナ州にまたがるパウェル湖。渓谷になっているフェイス・キャニオン付近で目撃された。

ジャクソン・ホール・バイブル大学のグループが、この場所でハイキングをしていると、目の前に低空を飛ぶ1羽のフクロウが現れたという。

するとそのフクロウ、あろうことか彼らの目の前を泳ぎ始めたのである。

泳ぎは得意ではない?

スイスイ…とはいかないようだ。パタパタといおうか、バタバタといおうか、私たち人間の泳法でいうと、バタフライのような泳ぎを見せている。

もしかすると本人は飛んでいるつもりか、少なくとも「飛びたい!」と思っているように見え、心なしか疲れてもいるようだ。

RKfilms(Derrick Zuk)/YouTube

実際、何とか岸までたどり着き、羽ばたこうとして、転んでしまった。

RKfilms(Derrick Zuk)/YouTube

やはり泳ぎはあまり得意ではないようだ。

同動画が撮影されたのは昨年の5月だが、最近複数の海外メディアで報じられ、再生回数は19万回を超えている。

本来フクロウは泳げない

ナショナルジオグラフィックが伝えるところによると、やはりフクロウにとって、泳ぐという行為は最終手段で、動画に映っているフクロウもやむにやまれぬ事情があり泳いだと考えられるそうだ。

このフクロウはまだ幼く、「恐らく巣から落ちるなどして、生まれて初めて外の世界を冒険する羽目に陥ったのだろう」と専門家は述べている。

羽が濡れると命にも関わるそうで「ひなの羽がすぐに乾き、親鳥が見つけてくれていることを祈るばかり」だという。

動画を見た人からは、「無事に巣に戻れたのかしら」「かわいそうに」「私より泳ぎはうまいけれど…」「フクロウって泳げたんだ!」と、心配と驚きの声が寄せられている。