20日、K−POP女性アイドルグループf(x)出身の女優ソルリが自身のSNSに掲載した動画が波紋を呼んでいる。資料写真。

写真拡大

2017年6月20日、K−POP女性アイドルグループf(x)出身の女優ソルリが自身のSNSに掲載した動画が波紋を呼んでいると、複数の韓国メディアが伝えた。

YTNは実際にインスタグラムに投稿された動画を紹介、そこには鉄板の上で焼かれるウナギの頭と尻尾が動き、まるで苦しんでいるかのように見える様子が映っている。しかし、問題になっているのは動画に収められたソルリの声で、「うああ、助けて、あ、助けて」と、もだえ苦しむウナギの様子に面白おかしく吹き替えをしたというのだ。

東亜日報によると、ソルリのこの投稿には40分足らずで約1400件もの批判コメントが寄せられたといい、「炎上」を報じたメディアの多くも「ソルリが『死にゆくウナギ』をばかにして騒動に」「ソルリが衝撃の動画をアップ」などと見出しを打って批判的に報じた。

ネットユーザーから投稿に寄せられた声は、「残酷だ」「理解できない」「どうかしてる」「多くの人が投稿を見ることを知りながら、この動画をアップしてもいいと思ったこと自体が問題」「苦しむ生き物を見て楽しむなどあり得ない」など厳しいものが大半だ。

一方で、一部では「じゃあ皆は刺し身を食べないの?」「何をしても騒ぎ立てる」などソルリを批判するユーザーたちに反論する声や、「わざとに決まってるじゃん。こういう話題はお金になるから」とダークサイドを指摘するユーザーもみられた。

結局ソルリは問題の動画を間もなく削除、その後、焼き上がったウナギの写真をSNSに掲載し「あんたたちはウナギ食べないでね。あっかんべー」とコメントした。しかしこのコメントに対しても「『あんたたち』って何?。一般の人々を『あんたたち』程度に軽く見てるの?」など批判的な声が相次ぎ、騒動は収まっていない。(翻訳・編集/松村)