オランダ・ロッテルダムにある学校の教室(2013年6月17日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オランダ大学教授が一部の最終学年の学生たちの成績を残さずに行方不明となってしまい、この学生たちは周りが浜辺で夏を楽しむ中、再試験を受けなければならない状況に陥っている。

 ユトレヒト(Utrecht)にあるROCミドゥンネイダラント大学(ROC Midden Nederland University)の広報担当者、アリス・ウィレムス(Aris Willems)氏は、この教授は数週間前に行方不明になったと明かし、「教授とテストの答案用紙を見つけるため、できる限りのことはした」と釈明した。大学の関係者が教授の家を訪問しても、呼び鈴に応答はなかったという。

 ウィレムス氏によるとこのような事態は初めてのことで、大学内で協議した結果、学生80人に口頭試験を再び受けてもらうことになったという。

 学生たちは3月と4月に試験を受けており、成績は伝えられ、学位が授与されることを祝っていたが、教授が大学のシステムに成績を入力していなかったため、正式なものと認められないという。
【翻訳編集】AFPBB News