昔に比べて寝つきが悪くなったなど、年とともに眠りに関する悩みが増えていきます。でも子供の頃や若い頃に比べて眠りが浅くなっていくのは、自然なことなんです。なぜなら眠りを誘導するホルモン「メラトニン」の量が、子供の頃をピークに年々減ってくるからです。では仕方がない、と諦めるのはまだ早し。量が減りつつあるメラトニンでも、最大限に分泌させ、快眠を目指す方法があるんです。

快眠の鍵を握るメラトニン

太陽が沈み、光がなくなると眠気が現れ、ある瞬間を境にパタンと眠りに落ちてしまう。当たり前のことのようでも、よくよく考えてみれば、眠りとは不思議な現象だと思いませんか。睡眠の目的は眠っている間に体を休め、脳のメンテナンスが行うことです。眠りとは体が必要とする仕組みであり、特にメラトニンというホルモンが睡眠に影響することが分かっています。メラトニンは脳の松果体(しょうかたたい)から分泌され、「睡眠ホルモン」とも言われています。近年の研究では睡眠を誘導するだけでなく、メラトニンの抗酸化作用やガン抑制作用など、多くの健康効果に注目が集まっています。

光の影響を受けるメラトニン

睡眠ホルモン「メラトニン」が分泌されると、体温が下がり体の興奮もおさまり、眠りへと向かって準備が行われていきます。メラトニンの特徴といえば、光の影響を大きく受けることです。メラトニンが多く分泌されるのは夜間であり、午前2時頃をピークとし、その後は徐々に減っていき、日中は夜間の10分の1ほどの量しか分泌されません。日中は体に備わっている体内時計が、しっかりメラトニン分泌の調整をしています。メラトニン分泌が微量となってから15時間ほどすると、再び分泌が開始されるのです。こうして毎日正確に眠りが繰り返されていきます。

メラトニンが増えれば美容効果も期待できちゃう

快適な睡眠にはメラトニンが欠かせません。しかしメラトニンの分泌量は、10歳頃をピークにどんどん減少し、60歳頃になるとその分泌は微量となってしまいます。高齢になると睡眠時間が短縮され、睡眠中に目覚める回数が増えるのは、メラトニンの量が減り覚醒しやすくなるからだと考えられています。残念ながら加齢によるメラトニンの減少は避けられませんが、光を利用して、メラトニンの分泌を最大限に増やすことができます。光をコントロールする秘訣とは、朝起きたら十分な光を浴びて、日中も明るい場所で過ごすようにすること。

日中、光によりメラトニンが十分に抑制されていると、夜にはしっかり分泌されるようになります。ところで最近は5人に1人が不眠症だと言われています。それは夜間に強い光を浴びることが多くなり、メラトニンの分泌が狂いやすくなっているからです。夜寝つきが悪い場合は、少なくとも寝る一時間には照明を暗めにしておくと、眠りにつきやすくなるでしょう。また就寝時は照明を消し真っ暗な状態である方が、メラトニンが分泌されやすくなります。それだけではありません。明るい部屋で眠ると太りやすくなることもわかっています。

メラトニンの睡眠効果についてご紹介しましたが、メラトニンには活性酸素を抑えて新陳代謝を促す働きもあります。よく睡眠は美容効果が高いと言われますが、メラトニンが関係していたんですね。光のコントロールで眠りの環境を整えて、同時にメラトニンによるエステ効果も得てしまいましょう。


writer:Akina