具材を細かく刻んだチョップドサラダや、野菜だけでなく肉類やチーズなどのタンパク質、フルーツ、トッピングを加えたパワーサラダなど、ユニークなサラダの専門店が増えています。おいしいだけではなく、見た目もおしゃれな、お店みたいなサラダをおうちでつくる人も増加中。インスタを中心に盛り上がるなか、#esseonlineサラダで投稿された、流行のビジュアル系サラダをご紹介します。

ワントーンサラダなら大人っぽく!

●シンプル・イズ・ベター!グリーンなサラダ


sugi33sugiさんカラフルサラダは見ばえもGOOD。でも、家庭で何種類もの食材を使うのは難しいですよね。そこで、おすすめはsugi33sugiさんのように、厳選した食材でつくるサラダ。ソラマメとチーズのホットサラダの仕上げに黒コショウを振れば、あれこれ組み合わせるよりもぐっと大人な印象に。

●食材のトーンだけでなく形も揃えて


tukadakkさんtukadakkさんの「コロコロまるまるサラダ」は、コロコロ形状にくり抜いたアボカドとクリームチーズ、エンドウマメ…と、色のトーンに加えて、食材の形状も揃えることで統一感がさらにアップ!バジルソースであえた鶏ササミで食べごたえも◎。お皿に余白を残すことで、物語を感じさせる雰囲気のあるひと皿に。

●赤や紫の食材はそれだけでおしゃれに


ellyfrom1991さん紫タマネギやビーツなど、赤や紫の野菜ははやりのビジュアル系サラダに欠かせません。ellyfrom1991さんは、赤紫の食材だけを集めてワントーンサラダに。輪切りにしてバランスよく並べるだけで、いつもと違うシックなテーブルを演出できます。

大ブームのフルーツサラダはかわいさ満点!

●今が旬のアメリカンチェリーを主役に


pori0729さんサラダにフルーツと聞くと躊躇してしまいますが、甘酸っぱさは意外とどんな食材とも相性よし。なにより、見た目が最高にキュートでハマる人が続出しています。pori0729さんは、旬のアメリカンチェリーに生ハム、ハードチーズ、ナッツを合わせてバルサミコ酢ベースのドレッシングで味を調え、仕上げにディルをのせて。こんなサラダを食卓にのせたら、歓声が上がりそうですね。

●イチジクの甘味と生ハムの塩気がマッチ


lipmomo230さんlipmomo230さんのイチジクサラダはこんなにも華やか。ビジュアルだけでなく、ねっとり甘いイチジクと生ハムの塩気、濃厚なアボカドの味わいのハーモニーは想像しただけでたまりません!くるくるっとバラのように見立てた食材をバランスよく配置してレッドペッパーをパラリ。宝石箱みたいなサラダの完成です。

●キーウィの酸味でマヨサラダもさわやか


panta_rhei.hさんビネガーだけでなく、マヨネーズを使ったコクのあるサラダにもフルーツはぴったり。panta_rhei.hさんのカニとキーウィと豆のサラダは、マヨネーズ、西京みそ、オリーブオイルで食材をあえた、意外性のある味つけです。カニのほぐし身は缶詰やカニカマでもOKとのことで、手軽につくれておもてなしにもうってつけ。

エスニックサラダにはマンゴーをプラス


ampf06さんエスニック風の味つけに南国のフルーツを加えると、本場っぽさがさらに増します。マンゴー、エビ、山盛りパクチーが入ったampf06さんのサラダは夏を感じさせる一品。お手頃価格だったというタイ産マンゴーをふんだんに使い、ピーマンとカボチャの種で風味と食感のアクセントをきかせています。

盛りつけ次第でサラダの表情は七変化

●まるでスイーツ!?涼しげなサラダパフェ


kanrieiyousiさんお皿やボウルに盛るだけがサラダじゃない!色鮮やかな野菜が層になるようにグラスに重ねたkanrieiyousiさんのサラダパフェは可憐な見た目がインパクト大。パステルカラーのクリームは、ビーツなど野菜で色づけした豆腐クリームを使っているので、一見するとスイーツのようでも、実はとってもヘルシーなんです。

●満開の花を集めたブーケのように


caffe_mintさんcaffe_mintさんは、サラダをブーケのようにアレンジ。たっぷりケールの上に、ラディッシュやナッツ、チーズを振りかけたサラダをペーパーとリボンでラッピングするように包めば、まさに「食べられるブーケ」。丸皿よりもオーバルタイプのお皿の方がバランスが取りやすそうです。

●食べごたえもばっちりなタルトサラダ


maico_milkywayさんジャガイモとサツマイモ、2種類のポテトサラダをタルトカップにつめた、maico_milkywayさんのタルトサラダ。トッピングする野菜次第で、華やかにもシックにも演出できます。ポテサラが土台なので食べでがあり、ホームパーティーで気軽につまめるフィンガーフードとしてもおすすめ!

いつものサラダも工夫次第でこんなにすてきに変身します。アイデアを取り入れて、家族をびっくりさせちゃいましょう!ご参加くださったインスタグラマーの皆さん、ご協力ありがとうございました。

次回のテーマは「ひんやりスイーツ&ドリンク」。インスタグラムの投稿にハッシュタグ「#esseonlineひんやりスイーツ」をつけて、夏にぴったりの冷たいデザートまたは飲み物をお寄せください。
締め切りは2017年7月14日(金)です。

<取材・文/ESSE編集部>