アサヒビールが、国産ウイスキーの主力ブランドである「ブラックニッカ」の期間限定バー『ブラックニッカ 香るバー』を、2017年6月22日(木)から7月9日(日)まで、東京・六本木ヒルズ内の「ヒルズカフェ/スペース」にてオープンします。

 

ウイスキーの“香り”をとことん楽しむ展示&メニュー

『ブラックニッカ 香るバー』は、その名のとおりウイスキーの大きな魅力である“香り”をテーマにしたバー。店内には麦芽や樽、特徴の異なる原酒などが展示されており、「原材料」「樽」「時間の経過」「貯蔵庫の環境/自然」の4つの構成でウイスキーの香りの要素を体感することができます。飲食スペースでは、「ブラックニッカ」3アイテムに含まれる特徴的な香りである「りんご」「あんず」「バニラ」のテスターを用意。ウイスキーを楽しみながらその香りを実感することができます。

↑店内の展示イメージ

 

もちろん、「ブラックニッカ」ブランドの“香り”が存分に楽しめるドリンクメニューも充実。それぞれのウイスキーをロック・水割り・ソーダ割り・ストレートの好きな飲み方で楽しめるのはもちろん、相性の良いフルーツを漬込んだお酒をソーダで割った「漬込みウイスキーハイボール」や、クセのないクリアな味わいの「ブラックニッカ クリア樽詰めハイボール」を氷点下の温度帯で楽しむ「ブラックニッカ フリージングハイボール」など、特別メニューも用意されています。

↑漬込みウイスキーハイボール(600円)。いちご・パイナップル・いちじくの3種類が用意されており、それぞれ1日限定20杯

 

そのほか、「酒盗と九条ネギのトルティーヤピザ」など、ブラックニッカをアクセントに使用したフードメニュー4種も用意されています。

 

香りを楽しむための特別なグラスを用意

今回のバーでは、アサヒビール・容器包装研究所とニッカウヰスキー・ブレンダー室が共同開発した、ウイスキーの香りを楽しむ最適な形状を採用したという「香りに出逢うグラス」を初展開。「ブラックニッカ」ブランドのロック・ストレートや、「ブラックニッカ」ブランド3種が飲み比べできるテイスティングセットは、この特別なグラスで提供されます。

↑中央より下が膨らみ、上に向かってすぼまりながら飲み口の下がわずかに直線的な形状を採用したオリジナル蓋付きグラスを用意

 

この「香りに出逢うグラス」は、『ブラックニッカ 香るバー』での展開に加え、本年秋にはSNSを活用したプレゼントキャンペーン、年末にはグラス付ギフトボックス商品の発売など、順次展開される予定です。

 

展示や飲み比べが用意されているので、ウイスキー好きはもちろん、「ウイスキーの魅力を知りたい!」という人にとってもぴったりの『ブラックニッカ 香るバー』。ウイスキーの“香り”にどっぷりつかれるこの機会をお見逃しなく!

 

【店舗概要】

■店名 ブラックニッカ 香るバー

■オープン期間 2017年6月22日(木)〜7月9日(日)

■開催場所 六本木ヒルズ内「ヒルズカフェ/スペース」

■所在地 東京都港区六本木6-10-1 ヒルサイド2F

■アクセス 東京メトロ 日比谷線「六本木駅」 徒歩2分/都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」 徒歩6分

■営業時間 11:00〜23:00(L.O. FOOD/22:00 DRINK/22:30)*期間内は無休です。

■予約 不可

 

『BLACK 香るBAR〜ウイスキーは、香りの宇宙。〜』プレスプレビュー