来春卒業の大学生、内定率は早くも約7割に

写真拡大

2018年春に卒業予定の全国の大学生、大学院生の就職内定率は、2017年6月15日時点で67.7%にのぼっている。マイナビが6月19日に発表した。前回調査の5月末より14.4ポイント増えた。

6月半ばにして、前年の6月末の内定率65.3%を早くも超える結果となった。

バブル期並みの人手不足状態

文理男女別の内定率は、前回調査の5月末と比べて、文系男子が15.3ポイント増の66.1%、文系女子は14.0ポイント増の61.1%。理系男子は14.7ポイント増の74.8%、理系女子は12.3ポイント増の72.8%となった。

5月末から最も増加したのは文系男子。理系については、男女間で内定率の差が少なく、男女ともにすでに7割を超えている。

今回の結果について、マイナビの調査担当者は、「有効求人倍率がバブル期並の水準で、人手不足が続いている。その中でも、優秀な学生を他社よりも早めに確保したいと、企業の採用が激化している。その一方で、内定を辞退されてもある程度の人数を確保できるよう、歩留まりを考えた採用数が全体的に増えているのではないだろうか」

とみている。