21日、日本政府観光局の発表によると、5月の訪日外国人客は前年同月比21.2%増の229万4700人で、5月として過去最高となった。トップは韓国で55万8900人。2カ月連続で中国を上回った。写真は東京・秋葉原の外国人観光客。

写真拡大

2017年6月21日、日本政府観光局の発表によると、5月の訪日外国人客は前年同月比21.2%増の229万4700人で、5月として過去最高となった。今年1〜5 月の累計は1141万1000人となり、これまでで最速で1000万人を超えた。

国・地域別では、トップは韓国で55万8900人。同85%増と驚異的な伸びを示し、前月に続き2カ月連続で中国を上回った。航空路線の拡充に加え、昨年4月の熊本地震で落ち込んだ客足が戻ってきたことが要因。2位の中国は同2.0%増の51万7100人でと微増にとどまった。続いて台湾40万7500人(同8.5%増)、香港18万1600人(同29.7%増)の順。

香港の端午節や東南アジアの学校休暇をはじめ、旅行需要の高まる時期に向けて各国・地域で実施した訪日旅行プロモーションの効果も追い風となった。

インドが単月として過去最高を記録したほか、韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペインが、5 月として過去最高となった。(八牧浩行)