シム・ウナさん(左)と夫の池尚ウク議員(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の元人気女優、シム・ウナさん(44)がソウル市内の病院に入院中であることが21日確認された。

 入院の具体的な理由は明らかにされていないが、睡眠薬を大量に服用して救命救急センターに運び込まれたとの情報もある。
 シムさんが入院した病院の関係者は「シムさんが入院中であることは事実だが、詳細な理由は患者の個人情報なので明らかにできない」と述べた。
 シムさんは回復中で、命に別状はないと伝えられた。
 一部メディアは、シムさんが主に不安や不眠を訴える患者に処方されるベンゾジアゼピン系の鎮静睡眠剤を服用し、20日深夜1時頃この病院の救急センターで応急治療を受けて、現在VIP病室で治療中だと伝えた。
 シムさんの夫で保守系野党「正しい政党」の池尚ウク(チ・サンウク)国会議員はこの日、記者らに「家族の健康に異常が生じ、そばにいなければならない」とのショートメッセージを送り、同党の代表選への出馬を辞退した。
 池議員の言う「家族」とは母親のことだとする説もあったが、シムさんが入院した事実が確認されたことから、池議員が妻の看護のために候補を辞退したのではないかとみられている。
 病院側はシムさんの入院期間や入院理由などについては、患者の個人情報だとして取材を拒否している。
 シムさんは1993年にデビューした後、ドラマ「ファイナル・ジャンプ」「青春の罠」、映画「美術館の隣の動物園」などでヒロインを演じ、90年代のトップスターとして人気を集めた。
 2001年に芸能界を引退した後、05年に池議員と結婚し、2人の娘をもうけた。
ynhrm@yna.co.kr