リオ五輪にも出場したチョン・スンヒョン【写真:Getty Images】

写真拡大

 J1のサガン鳥栖は、韓国・Kリーグの蔚山現代に所属するDFチョン・スンヒョンに興味を示しているようだ。韓国紙『文化日報』が報じている。

 チョン・スンヒョンは23歳のセンターバックで、リオ五輪では韓国代表として4試合全てで先発出場を遂げている。

 今季のKリーグでも5試合全試合でフル出場を続けており、ACLでは鹿島アントラーズがアウェイで4-0で大勝した試合にも出場している。

 同紙によると、すでに鳥栖から蔚山に接触があり、9億〜10億ウォン(約9000万円〜約1億円)の移籍金を準備しているという。

 蔚山のキム・グァングク社長は「チョン・スンヒョンが移籍する可能性を念頭に置いて話をしている。クラブでも彼が海外に進出するチャンスは重要であるという意見があるため、積極的に検討している」と述べている。

 鳥栖にはDFキム・ミンヒョク、FWチョ・ドンゴンの2人の韓国人選手が所属している。

text by 編集部