キム・スヒョン&ソルリ、映画「リアル」舞台挨拶の開催決定

写真拡大

俳優キム・スヒョンとソルリが映画 「リアル」の舞台挨拶に登場する。

21日、映画 「リアル」(イ・サラン監督) 側は「『リアル』の主演俳優たちが、映画が公開される週の週末の舞台挨拶に出席し、劇場を訪れた観客に感謝の挨拶を伝える予定だ」と明かした。

アジア最大規模のカジノをめぐる2人の男性の巨大な秘密と陰謀を描いたアクションノワール映画「リアル」のキム・スヒョンとソルリが舞台挨拶を通じて観客と特別な時間を持つ。

アジア最高のスターキム・スヒョンがカジノ組織のボスチャン・テヨンと名前も姿も同じ謎の男チャン・テヨン役を務め、1人2役にチャレンジし、新しいイメージで観客を驚かせる。またソルリは病院のリハビリ治療師ソン・ユファ役を務め、一層成熟した魅力で観客に近づく予定だ。

キム・スヒョンとソルリは直接劇場を訪問し、観客に感謝の挨拶を伝え、サプライズイベントを通じて観客に特別な思い出を与えるなど、完璧なファンサービスを提供する予定だ。このように「リアル」は舞台挨拶を通じて劇場街を熱く盛り上げながら観客を捉えるとみられる。

「リアル」は28日に韓国で公開される。