最前線部隊を訪問した韓民求長官(国防部提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は21日、中部戦線で最前線の見張り所などを担当する一般前哨(GOP)部隊を視察し、軍事対応態勢を点検した。国防部が伝えた。

 国防部によると韓長官は現場で警戒作戦の現況報告を受け、1年にわたりGOPにおける警戒作戦システムを構築してきた将兵をねぎらった。
 韓長官は「最前線を守る自分がいるからきょうも大韓民国と国民が安全だという自負心と使命感を持ち、警戒作戦に万全を期してほしい」と述べた。
yugiri@yna.co.kr