張本智和【写真:Getty Images】

写真拡大

卓球中国オープン予選2回戦、フォアハンドショットが冴えて3回戦に進出

 卓球の中国オープン(成都)は21日、世界ランク39位の13歳・張本智和(エリーアカデミー)が予選ラウンド2回戦に登場。世界ランク171位の22歳・フローレント・ランビエ(ベルギー)を11-8、11-8、12-10、11-8で下し、予選3回戦に駒を進めた。

 主導権を握ったのは張本だった。第1ゲームに1-4とリードされながらひるまず、相手のミスを誘う強烈なフォアハンドショットを連発。11-8で先手を取ると勢いに乗り、気迫の攻めで第2ゲームを11-8、第3ゲームも1-7から怒涛の7ポイント連取で12-10とものにした。第4ゲームもポイントを取るたび、「チョレイ」と声を上げながら気合を示し、ランビエを圧倒した。

 6月の「ジャパンオープン荻村杯」では本戦進出はならず悔し涙を流した張本だが、再び旋風を巻き起こすべく、中国の地で白星スタートを切った。

 張本は続く予選3回戦で、日本の森薗政崇(明大)と対戦する。