関ジャニ∞、『関ジャム』放送100回に感無量「続けてきてよかった」

写真拡大

関ジャニ∞が毎回様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』が、6月25日のオンエアをもってついに放送100回の節目を迎える。2015年5月10日の放送開始から約2年、記念すべき100回目の収録を終えた関ジャニ∞の渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、錦戸亮、大倉忠義が囲み取材に対応した。

『関ジャム』は表舞台に立つアーティストから、音楽プロデューサーなどの裏方スタッフまで、日本の音楽業界をけん引する錚々たるゲストが毎週登場。今さら人には聞けないような“音楽の基本”から、制作の裏側や専門テクニックなど“マニアックな知識”までを掘り下げる音楽バラエティー番組だ。

その背景を踏まえ、村上は「後半はゲストの方々から学ばせていただくことが多くなり、番組開始当初に比べて非常に音楽的要素が強くなってきたと思います。これ以上はない100回を迎えられたんじゃないかな、と思います」と、確かな手応えを告白。大倉は「これまで多くのアーティストと共演させていただいたのですが、その方たちのおかげでここまで続いている番組だな、と改めて思いました」と、ゲスト陣への感謝の意を表明した。錦戸は「この番組は行く先々で、すごくたくさんの人から『あの番組、面白いね』と言われる番組」と、肌で感じた反響の大きさを明かし、「『そこ!?』というような部分を掘り下げていく、ほかとは一線を画する番組なので、これからもそういうスタンスでやっていけるよう、僕ら自身も頑張りたいです」と、今後への意気込みも語った。

また、ゆくゆく番組でやってみたいことを聞かれたメンバーは「自分のアレンジでジャムセッションしてみたい」(渋谷)、「先にVTRを撮って、それをいろんな方に投げたら、どんな曲になるのか。もし許されるなら、そういうチャレンジをしてみたい」(村上)、「一から学ぶベース講座。音の出し方など、基本の基本から学ぶ講座をやりたい」(丸山)、「いつか『関ジャム』に来てくれた方々を混じえて、フェスをやりたいです。僕ら関ジャニ∞がずっと演奏し続けて、ボーカルだけ変わっていく、みたいな形に挑戦したい」(錦戸)、「スナックのいろはを教えてくださったJUJUママに、もう一度来ていただきたい」(大倉)と、それぞれの希望を告白した。

  ◆  ◆  ◆

6月25日放送の第100回では、6月28日にリリースされる関ジャニ∞の最新アルバム『ジャム』をフィーチャー。本作は、これまで『関ジャム』に出演したUNICORNやBEGIN、水野良樹(いきものがかり)、岡崎体育、ニセ明、池田貴史(レキシ)などに楽曲提供を依頼して誕生したアルバムで、作曲・編曲で参加した音楽プロデューサー・蔦谷好位置が事細かに解説するほか、貴重な打ち合わせ映像なども交えながらマル秘制作過程を大公開する。アルバムには番組でおなじみの振付師ユニット・振付稼業 air:manも参加しており、振付稼業 air:manと安田が振付の構想をブラッシュアップしていく過程など、裏側でのやりとりにも密着する。

渋谷が「ただ単に楽曲提供をしてもらうだけじゃなく、この番組で共演させていただいた方と一緒にアルバムが作れたので、一曲一曲にしっかりと血の通った一枚になってます。すごく思いが詰まった一枚になったな、と思います」と、胸を張る最新アルバム『ジャム』。関ジャニ∞の音楽魂がひしひしと伝わってくる同アルバムの、熱い制作現場の模様は必見だ。

  ◆  ◆  ◆

■渋谷すばる コメント
──放送100回を迎えての感想と、一番印象に残っているゲストを教えてください。

渋谷:放送100回という気が全然してなくて、収録をしながら、初めて自覚したくらいなんです。その理由は何でしょう…毎回毎回が新鮮で、緊張感を持ってやれているからなのかなぁ。そんな素敵な番組なので、これからも続けていけたらいいなって思います。一番印象に残っている回が初回ということもあって、そのときゲストで来てくださった西野カナさんが印象に残ってます。『ああ、いい番組が始まったなぁ』と、うれしくなったのを覚えてますね。