アウディ、A3シリーズの最高性能モデル「RS 3 Sportback」をフルモデルチェンジして11月に発売
アウディ ジャパンは、「A3シリーズ」のトップモデル「RS 3 Sportback」をフルモデルチェンジし、6月21日より受注を開始、11月の発売を予定している。


今回のフルモデルチェンジは、エクステリアにハニカムメッシュの専用シングルフレームグリルを備え、グリル下部に左右のエアインレットを結ぶブレードを装着し、新たな意匠のダイナミックなデザインが与えられた。標準モデルと比較すると、フロントトレッドは20mm、リヤトレッドは14mm広くなり、それに伴いホイールアーチが外側へと張り出す形状となっている。車高も25mm低められ、よりワイド&ローの迫力あるスタイルとなった。

動力性能は、新開発の2.5L直列5気筒の「2.5 TFSIエンジン」が採用され、最高出力294kW(400PS)、最大トルク480Nmを発揮する。アルミ合金製のクランクケースを採用し、エンジン単体の重量を従来型と比べ26kgほど軽量化。新開発エンジンに7速Sトロニックトランスミッションと、「quattroフルタイム4WDシステム」が組み合わされることで、俊敏かつパワフルな走りを実現させた。

「ホイールセレクティブトルクコントロール」などの電子機構により、クルマの旋回能力を向上させ、よりスムーズで安定したハンドリングを体感することができる。トラクション性能の向上により、0-100km/h加速タイムはわずか4.1秒という性能を発揮するだけでなく、環境性能も高められ、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)で100km走行あたり8.3L(換算値 12.0km/L)という低燃費も実現している。

インテリアは、スポーティかつエレガントに仕上げられ、ブラックのナッパレザーを採用したスポーツシートが標準装備となり、インフォテイメントシステムは、「MMIナビゲーション」や「バング&オルフセンサウンドシステム」、そしてメーターパネル内に設置された12.3インチのTFT液晶ディスプレイにはスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめとする様々な情報を表示できる専用の「RS-view機能付きバーチャルコックピット」が標準装備された。

セーフティー面でも、対向車や前走車に眩しさを感じさせないハイビームモードを持つ「マトリクスLEDヘッドライト」や、「アウディプレセンス」、「アクティブレーンアシスト」などの最新安全技術とアシスタンスシステムを標準搭載するなど、安全対策や快適性能も充実している。

価格は、7速Sトロニック・quattroモデルで767万円(消費税込み)となっており、右ハンドル仕様のみの取り扱いとなる。

■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp/