画像提供:マイナビニュース

写真拡大

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは21日、パイオニアブランドより、Lightning接続のスピーカーフォン「RAYZ Rally」を発表した。価格はオープンで、推定市場価格は14,000円前後(税別)。一般発売モデルは2色用意し、アイス「XW-LTS5(W)」は7月下旬、オニキス「XW-LTS5(B)」は8月下旬に発売となる。

RAYZ Rallyは、iPhoneやiPadのLightningコネクタに接続して使うスピーカーフォン。全指向性マイクと30mm径の1Wスピーカーを内蔵し、ハンズフリーでの電話会議などに向いている。本体にLightningポートを装備するので、会議をしながらiPhoneなどの充電も行える。

本体上部に設置されたスマートボタンは、Siriの有効化やマイクのミュートなどを実行可能。さらに、音楽の再生 / 一時停止 / 曲送り / 曲戻しなどを制御できる。再生周波数帯域は100Hz〜20kHz。本体サイズはW47×D20.5×H62mm、重量は70g。

一般販売に先駆け、Apple Store限定で先行販売も行う。Apple Store向けには限定色を2種類用意。スペースグレイ「XW-LTS5(S)CU」は6月21日、オニキス「XW-LTS5(K)CU」は6月22日より発売する。