「プロデュース101」シーズン2からデビューするパク・ジフン、ファンに感謝の気持ちを伝える(動画あり)

写真拡大 (全3枚)

「プロデュース101」シーズン2で2位を手にしたMAROO企画のパク・ジフンが、国民のプロデューサーたちに感謝の心を伝えた。

19日、MAROO企画新人開発チームはSNSを通じてパク・ジフンの感想が盛り込まれた映像と写真を掲載した。パク・ジフンは「ファンのみなさんをジフニの心の中に保存」と書き、自身のトレードマークで心を伝えた。

映像でもパク・ジフンは「僕は今回、国民のプロデューサーの皆さんのおかげで『プロデュース101』シーズン2で2位という高い順位を手にしました。本当に感謝しています。みなさんが2位に選んでくださっただけに、より責任を持って一生懸命努力するジフンになります」と感想を述べた。

パク・ジフンは「僕だよ僕」のエンディングでウィンクを披露し、国民のプロデューサーたちの心を掴んだ。「BOY IN LUV」「Get Ugly」のステージでは抜群のダンスの実力、カリスマ性溢れる一面を届けた。最終的に2位を手にし、Wanna Oneのメンバーとなった。

パク・ジフンはWanna Oneのメンバーとして活動する。現在、Wanna OneはtvN「SNL KOREA」シーズン9、「現場トークショー TAXI」への出演を検討している。