「悪女」のポスター(配給会社提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国で8日に封切られた女優キム・オクビン主演の映画「悪女」(原題、チョン・ビョンギル監督)が、21日に観客100万人を突破した。配給会社が伝えた。

 配給会社は「青少年が鑑賞できない作品にもかかわらず、ハリウッド大作の攻勢をくぐり抜け、順調な興行を続けている」と伝えた。
 同作は、幼いころから殺し屋としての訓練を受けたスクヒが、自らを取り巻く秘密と陰謀に気付いて復讐(ふくしゅう)に乗り出すというストーリーのアクション映画。先月開催された第70回カンヌ国際映画祭でミッドナイト・スクリーニング作品として公式上映された。

tnak51@yna.co.kr