蒸し暑い季節の渇いた喉にはビールが染み渡りますよね。一日の最後においしくビールを飲むため、あえて水分補給を我慢している人もいるようです。でもそのビールで喉の渇きを癒すのはちょと待って。ビールでは水分補給にならないどころか、逆効果であることを知っておかねばなりません。

ビールの利尿作用は侮れない

飲み方にもよりますが、ビールを飲むと水分補給どころか脱水状態となる危険性があります。まずビールは身体の尿の量を調整するホルモンの働きを抑えてしまいます。これによって体の水分は通常以上に体外に排出されます。他にもビールには脱水作用のあるカリウムが豊富に含まれています。つまりはビールの利尿作用、脱水作用がある飲み物なのです。ビールを飲むとトイレが近くなるのはこのため。

飲んだ量以上の水分が失われる

ちなみにビールを飲むと利尿作用に加え、アルコールの分解の際に水分が必要となるので、みなさんの想像以上に水分を消費することとなります。なんと驚くことに、ビール1リットルを飲むと、1.1リットルの水分が排出されるとも言われます。つまりビールを飲んだ量以上の水分が失われてしまうわけです。いかにビールで喉を潤そうという考えが危険であることがわかります。

こんなビールの飲み方は特に危険

上記のようにビールには強力な利尿作用があるため、水分が不足している状態でビールを飲むと、最悪脱水症状となってしまう危険性だってあるのです。例えば夜に予定している飲み会のために喉を渇かしておく行為や、長時間の入浴・サウナ後にビールを飲む行為、汗だくで運動を行った後にビールを飲む行為などは特に危険な行為です。これらの行為で脱水状態となっているタイミングでビールを飲むとどうなるかはお察しのとおり。

ひどい場合、脱水症状となって倒れる危険性だってあるのです。この暑い季節の運動の後やお風呂の後などに飲むビールは最高ではありますが、心は潤っても決して水分補給にはなり得ないのです。ビールを飲んだ結果脱水症状となってしまわないためにも、常識範囲内の水分補給だけは行っておきたいものです。


writer:サプリ編集部