速報:ノキアが日本に再参入、1万円を切るWi-Fi体重計「Nokia Body」発表。Withingsを統合


かつては携帯端末でおなじみだったノキアが、日本のコンシューマ市場に再参入します。

第1弾製品は、買収した仏スタートアップWithingsの流れをくむWi-Fi体重計「Nokia Body」。Wi-FiおよびBluetoothに自動的につながり、測定した体重をサーバーにアップ。推移をスマホやブラウザで確認できます。価格は税込8510円で、Amazon.co.jpなどで購入できます。

主な機能は次の通りです。

<体重トレンド画面>体重計の表示部に、体重の変化を表示
<BMIインサイト>体重計の表示部に、BMIを表示
<自動Wi-Fi連携>:最大8ユーザーまで登録でき、ユーザーを自動的に認識
<カスタムコーチング>:Nokia Health Mateアプリで、ユーザーが自身の目標をカスタマイズすることで、アクティビティや食事を管理。
<食事管理>:MyFitnessPalと連携して、食事を管理

特筆したいのは価格です。1万円を切る税込8510円。Withingsがノキアに統合される前のWithingsのWi-Fi体重計「Body Cardio」が2万円台だったことを考えると、半値以下。その代わり、体組成計や血管の硬さといった測定機能は省かれ、純粋に体重計測に特化しています。



この「Nokia Body」は、Amazonや一部家電量販店・SoftBank SELECTIONオンラインショップにて昨日(6月20日)から発売中。アップルストアも今後数週間以内に取り扱います。


さらに、前述の「Body Cardio」をはじめ、睡眠トラッカーやアクティブトラッカーなどの旧Withings製品も、ノキアブランドにリブランディング。「Nokia」ロゴをまとい店頭に並びます。


スマートフォン側のアプリも刷新。新たに「ウェルネスガイド」という機能が加わりました。これは睡眠の改善や、妊娠中の体調管理における適切な行動を、アプリがユーザーに指示してくれるというもの。



「10年ぶりに日本に戻ってきた」ーーノキアテクノロジーのジュリアン・ド・プレオモン氏(アジア地域 マーケティング責任者)はそう語ります。ここ最近もノキアは日本でのビジネスを継続してきたものの、ネットワークインフラなどのB2Bが中心。具体的にはLTE通信機器のキャリアへの納入等などで、コンシューマー向け製品の発売は実に10年ぶりです。

10年前に日本から撤退した理由について「モバイル市場におけるシェアが十分ではなかった」とプレオモン氏はコメント。一方、デジタルヘルスケア市場では日本を「世界TOP6の市場に据えている」と語り、今後は日本のコンシューマ市場に注力する姿勢をアピールしました。

関連:

健康IoTのWithings、Nokiaブランドに今夏統合へ──日本でもNokia製品が並ぶように体重は測るだけで痩せる?──Wi-Fiにつながる体重計を1か月使ってみた結果