画像提供:マイナビニュース

写真拡大

サンワサプライは6月21日、オフィスなど室内の状況を確認できる移動式ネットワークカメラ「アボットライリー RB-RILEY」を発売すると発表した。市場想定価格は31,800円。

RB-RILEYは、スマートフォンやタブレットで外出先から遠隔操縦ができるネットワークカメラ。専用アプリを使いスマートフォン/タブレットから左右旋回、前進後進移動させることが可能なほか、上下120度稼働するカメラでの撮影も可能。離れた事務所とのコミュニケーションや夜間の事務所の防犯対策などに活用できる。

搭載するカメラはハイビジョン撮影に対応。赤外線LEDも備え、昼夜問わず撮影可能だ。加えて、マイク・スピーカーを搭載。オーディオON/OFF切り替えボタンを押すことで、テレビ電話のような通話が可能となっている。このほか、動きを感知するとカメラからスマートフォンに通知が届くモーション感知設定も利用可能。

寸法・重量はW120×D102×H100mm・約290g(ともに本体のみ)。駆動のためのキャタピラは、滑りにくいゴム製のベルトを採用。カーペットや雑誌の上、凹凸のある床の上、坂道なども移動できる。さらに、遠隔操作中に転倒してもスマートフォンからワンタッチで起き上がらせることができる「自動起き上がり機能」や、外出先からでもスマートフォンから充電ステーションにドッキングできる機能も搭載する。