フー・ファイターズ、新アルバム発売 「巨大なスケール感のロックアルバムを目指した」

写真拡大

 フー・ファイターズが9月15日にニューアルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』を世界同時リリースする。

 今作では、シーアやアデルの大ヒットで知られるプロデューサー兼メロディメイカーのグレッグ・カースティンを初起用。グレッグにとっても“初の本格的ロック作品”となるこのアルバム、デイヴ・グロールは「グレッグのメロディセンスとアレンジ力が生きた巨大なスケール感のロックアルバムを目指した」と語っているという。なお、エンジニアにはベックやレディオヘッドを手掛けるダレル・ソープを起用し、ハリウッドにある老舗スタジオ「イースト・ウエスト・スタジオ」でレコーディングが行われ、デイヴは「俺らのノイズとグレッグの頭脳、洗練されたアレンジ力と作曲能力は極秘に結ばれた」とも話しているとのこと。

 フー・ファイターズは、今夏は『グラストンベリー・フェスティバル』や『サマーソニック2017』でヘッドライナーを務める。なお、来日を控える7月26日にはベスト盤を含む過去の名盤全9タイトルが期間限定特別価格でリリースとなり、新作リリース後の10月にはLAにてバンド史上最大級のリリース・イベント兼フェスティバル『CAL JAM/カル・ジャム』を開催する。(リアルサウンド編集部)