20日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本に行き、現地のビールを初めて飲んだ時の気持ち」と題するスレッドが立ち、話題となっている。

写真拡大

2017年6月20日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本に行き、現地のビールを初めて飲んだ時の気持ち」と題するスレッドが立ち、話題となっている。

スレッドを立てたユーザーは麒麟淡麗<生>、サッポロクラシック、サントリー金麦の缶が写った写真とともに、「韓国ではあまり見かけない日本のローカルなビールを日本旅行中に初めて飲んだ時、とてもおいしくて驚いた。韓国のビールと比べて、正直、恥ずかしい気持ちになった」との文章を掲載している。

このスレッドを見た他のネットユーザーからも「サッポロクラシックは本当に最高だった」「生ビールの味の違いは言うまでもないしね」「日本のビールは炭酸が強くて深い味。口に入れた瞬間の味は韓国のビールと似ているけど、のど越しが柔らかい」「日本の缶ビールはパッケージのデザインもとてもかわいい」など日本のビールに対する印象が寄せられている。

また、「最近は輸入ビールが増えてうれしいけど、飲食店で飲むと驚くほど高い。日本旅行に行ったらぜひ飲んでみたい」と期待を寄せる声がある一方で、「日本は放射能の心配さえなければ最高なのに」と不安がる声もみられた。

そのほか、「日本は小さなスーパーにもおいしいものがたくさんあるから外食する必要がない」「日本のコンビニ食のクオリティーの高さにも驚いた」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/堂本)