声かけられない…男性がものすごく「誘いにくい」と感じる女性のタイプ

写真拡大



誘いにくいオーラが出ている女性は、ちょっと気になっていたとしても、そう簡単には声をかけることができません。

誘っても断られそうだったり、冷たくあしらわれそうな感じがすると、さすがに男性も諦めてしまうでしょうね。

そこで今回は、男性が「誘いにくい」と感じる女性のタイプを紹介します。

■1.あまり「視線」を合わせてくれない

「会話をしていても、あまり目を合わせてくれない女性は、『俺のこと嫌いなんだろうな』って感じますね。もちろん、そういう女性はデートになんか誘えないです」(27歳/男性/イベント制作)

会話中に全く視線を合わせてくれない女性に対しては、「俺に全く興味がないんだな」と男性は感じます。女性からしたら、恥ずかしくて目が見られないのかもしれませんが、多少は視線も合わせてあげないと、印象だって悪くなるだけ。自分に興味を持ってくれていない相手を、デートに誘い出せる男性はまずいないでしょうね。

■2.プライベートが「充実」している

「趣味とか遊びとかで、プライベートがとにかく充実してて楽しんでいる女性は、誘い出す隙がないです。休日もいつも埋まっているので、デートなんかできないですよね」(27歳/男性/広報)

趣味に旅行に遊びにと、とにかくプライベートが充実していて、週末もいつも満喫しているような女性には、もはや入り込む隙がありません。誘ったところで、予定がパンパンで断られる姿しか想像できないはず。SNSにプライベートを満喫している投稿を載せすぎるのも、男性から誘われにくくなる原因になってしまうかもしれませんよ。

■3.ズバッと「意見」を言う

「いつでも何に対してでも、はっきりズバズバと自分の意見を言う女性には、声をかける勇気が出ないですね。ズバッときつく断られるかもって思っちゃいます」(27歳/男性/販売)

いつでもズバズバと物事を言う、ちょっと強気な女性は、男性もデートに誘うのに尻込みしてしまいます。はっきりズバッと断られてしまいそうだし、なんなら怒られたりダメ出しをされるのではないかという不安だってあるかも。特に、「だから男ってダメなのよ」などと、男性に対しての厳しい意見をよく言っている女性は、最も誘いにくい女性でしょうね。

■4.「自分のこと」を話さない

「普段から自分のことを多く語らない女性だと、すごく壁を感じちゃうんですよね。なんかうかつに踏み入れられないオーラのようなものあって、誘ったりもできないです」(31歳/男性/商社)

自分のことをあまり話そうとしない女性は、ミステリアスな雰囲気があって魅力的ではありますが、なかなか声はかけにくいです。データが全くないので、そもそも彼氏がいるのかどうかもわからないし、どんなデートに誘えばいいのかも迷ってしまうはず。自分にはあまり深入りしてほしくないという無言の訴えのようにも見えてしまうので、それでは男性も近づいてきてくれませんよ。

■おわりに

声をかけにくいと思われてしまうと、男性はなかなか近づいてきてもくれません。気づかないうちに壁を作ってしまっていることもあるので、まずは自分でそれを認識することが重要ですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)