下村勇二最新作『RE:BORN リボーン』8月12日公開へ 予告編では坂口拓の激しいアクションも

写真拡大

 『GANTZ』、『図書館戦争』シリーズでアクション監督を務めた下村勇二の最新作『RE:BORN リボーン』の公開日が8月12日に決定し、あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

(参考:『RE:BORN リボーン』予告編

 本作は、TAK∴こと坂口拓を主演に迎えて製作されたアクション映画。そのほか、近藤結良、斎藤工、長谷部瞳、篠田麻里子、加藤雅也、いしだ壱成、大塚明夫らが出演する。

 このたび公開された予告編では、坂口がアクションシーンに挑んでいる。坂口は、本作に戦闘戦術スーパーアドバイザーとして参加した稲川義貴のもと、約1年間の訓練を受けて撮影に臨んだ。

 坂口演じる主人公・敏郎は、かつて最強の特殊傭兵部隊に属し、自らの手で部隊を壊滅させた過去を持つ。現在は、石川県加賀市のコンビニで、店員をしながら少女サチ(近藤結良)と慎ましい日々を送っていた敏郎に、ファントムと呼ばれる謎の男からの警告が届き、日常が一変していく様子が描かれる。

(リアルサウンド編集部)