学生の窓口編集部

写真拡大 (全16枚)


ソウルは、東京から3時間で行けることもあり、またメニューの日本語表記も多いため、海外旅行初心者にとってはおすすめの旅行先です。日本になじみのあるビビンバや本格的な焼き肉料理を満喫することはもちろん、Instagramで話題のフォトジェニックなカフェを楽しむのもいいでしょう。

そんなソウルを誰よりも楽しむために、おすすめの観光地を今回は紹介! また、治安や時差、旅費や注意点など、ソウルの観光で押さえておきたいポイントも解説しますのでぜひ参考にしてください。

■ソウルの治安

ポジティブorネガティブ度診断! あなたは前向き?ネクラ?

朝鮮半島は、北緯38度線で北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と韓国(大韓民国)に分断されています。朝鮮半島情勢は引き続き緊張状態にあり、いつ戦争状態に突入するかは予測できていません。また、北朝鮮は2017年春以降、弾道ミサイル発射や核実験などを繰り返し行っているため、韓国への渡航の際は外務省などの海外安全情報を引き続き注意深く知る必要があります。

■時差

日本とソウルの時差はなく、サマータイムも実施していません。

■ソウルまでの飛行時間

日本からソウルへの旅行は、東京(成田・羽田)をはじめ各都市から直行便が就航しています。

フライト時間は、福岡から1時間25分、関西から1時間50分、成田から2時間30分(羽田からは2時間20分)と国内旅行並みの短い時間で渡航できます。

地方空港からの発着便が多いため、リピートして何度もソウルへ旅行したり、仁川空港(ソウル)を乗継の拠点として1都市以上の周遊旅行したりなど、旅行自体のアレンジが無限にできます。

■旅費

ソウルへの旅は安・近・短、と表現されるように、格安の9千円台〜から販売されています。航空会社も東京(成田)からですと大韓航空やアシアナ航空から、LCC各社ピーチアビエーション、イースター航空、ジンエアーなどから選ぶことができます。

韓国旅行では、出発時間や到着時間にまでこだわって格安ツアーを選ぶことができるので、優先ポイントを決めてツアー検索することをおすすめします。滞在時間長めの早朝発や、会社帰り出発の深夜発、羽田発など自分に合った飛行機を選択することができます。格安ツアーのため、旅程にあらかじめ組まれている空港〜ホテルの送迎や半日観光はキャンセルすると追加料金がかかりますので旅行条件を詳しくチェックしましょう。

■言語

言語は韓国語、文字はハングル(一部漢字、旧字体)です。市内の観光名所には日本語ガイドや日本語表記の案内板などがあります。また、空港やホテル、観光地には日本語が堪能なスタッフがいることが多いので、まったく言葉が通じないということはありません。あいさつ(「アンニョンハセヨ」こんにちは)や感謝の言葉(「カムサハムニダ」ありがとう)などは言えるようにしておいた方がよいでしょう。

■その他ソウル観光の注意事項

特に女性が狙われやすく悪質なのが、日本人の女性観光客をターゲットにした性的暴力被害が多発しているということです。日本に似ているといえども、そこは外国です。夜間の外出、ひとり行動、肌の露出が激しい服装などは控えましょう。

さらに市内観光の時の注意点は、タクシーの料金ぼったくりや混雑している場所でのスリなど。ソウル滞在中の薬物の乱用や摂取も絶対に禁止です。韓国で薬物犯罪は重罪のため、重刑に処されることになります。その国の法律(ルール)に従って旅行を楽しみましょう。

ソウルのおすすめ観光地1.南大門(崇礼門)

2008年に放火火災で全焼したソウルの南大門(崇礼門)。14世紀に建立された南大門は朝鮮戦争でも戦火を免れていた韓国最古の木造建築でした。それだけに本当に残念な火災でした。韓国の国宝第1号として世界的にも有名なこの文化財はその後、ありとあらゆる考証の末、火災から5年の歳月をかけて2013年に完全再現、復活をしました。場所は、ソウルの台所南大門市場の西側、地下鉄会賢(フェヒョン)駅からすぐ。入場料はなく広場からゆっくり写真撮影などするのもおすすめ。やはり見どころは韓国で一番大きな門ということで、その大きさやスケール、朝鮮時代の色鮮やかなデザイン芸術などです。付近には南大門市場もありますのでセットで1日観光しても飽きない日程です。

ソウルのおすすめ観光地2.南大門市場

ソウルの2大市場の南大門市場(もうひとつは東大門市場)は、「崇礼門(南大門)」を始まりとした衣料品やお土産もの、韓国B級スナック、ホットクやマンドゥ(餃子)が揃う市場で、買い物や食べ歩きが楽しめる市場として知られています。

ソウル最古600年の歴史をもつ市場にはお買い物のメッカファッションビルの「メサ」があり、お安く、カジュアルラインからきれいめまで、最先端の衣服が手に入ります。最近ではフロアの空きテナントが目立ちますが、今でも深夜営業も続けていて日本からの観光客でにぎわっています。

ソウルのおすすめ観光地3.ソウル路7017(Seoullo7017)



※写真はイメージです。

韓国の玄関口、ソウル駅と南大門市場、明洞や南山をつなぐ高架歩道橋が2017年5月20日に開通しました。ソウル駅から人気の観光ポイントまで歩いていくこともできるため、とても便利だと好評です。歩道上には韓国のおいしいレストランやカフェなどが続き、空中遊歩道は若者で連日にぎわっています。地下鉄4号線の会賢(フェヒョン)駅に直結しているので、日本人が好きな南大門市場まではすぐに迷わず、そして次の行きたい場所にすぐ移動することができます。夜になるとライトアップされ、ギャラクシーブルーの「天の川」がロマンチックに輝きます。ソウル路7017は、日本語案内板や観光案内所も充実しているので日本人にやさしい、新しい観光名所です。

ソウルのおすすめ観光地4.ノリャンジン市場



※写真はイメージです。

ソウルの外れにある「ノリャンジン水産市場」は、ソウルの築地といわれていてアワビやエビ、貝類や甲殻類などをはじめとした海鮮物の「一点もの専門店」がずらっと並んでいる市場です。敷地内では鮮魚を卸売りするほか、競りスペースや多数の食堂があり、その場で買った魚は、その場でさばいてもらって食べることができます。

老築化から、2016年8月に隣に新しく建てられた新市場に移転しましたが、古い建物に一部お店があるため、外国人観光客はちらほら旧市場に行ってしまうこともあるようです。地下鉄1号線鷺梁津(ノリャンジン)駅が最寄り駅となります。

ソウルのおすすめ観光地5.宗廟

1995年にユネスコの世界遺産に登録された「宗廟(そうびょう)」は、ソウル特別市にある朝鮮時代の歴代王室の霊廟です。ソウルのパワースポットのひとつで、敷地内に入った瞬間に、ピリリと空気が研ぎ澄まされていることに気がつくでしょう。朱塗りの柱と黒瓦は建築物としても美しく、位牌が増えるたびに増築されていたったため、その長さは101mになりました。また、儒教の教えに従って方位学や風水を取り入れ建てたため、宗廟はエネルギーで満ちあふれています。

人気の韓国ドラマ「君主」「宮廷女官チャングムの誓い」ではロケ地として利用されているため、日本からの韓流ファンが団体で見学している姿もよく見られます。

ソウルのおすすめ観光地6.光化門広場

ソウルの光化門広場といえば、サッカー観戦やデモでソウル市民が集合する場所のひとつ。日本でもニュースなどで目にしたことがある人も多いと思います。ここは、ソウル市民の憩いの場で、季節の花々の「フラワーカーペット」や「噴水」があり、のんびり過ごすことが出来ます。イベントやライブも行われる場所ですので旅行時は、ソウル市民の日常に触れることができるでしょう。

景福宮(けいふくきゅう)から市庁方面へと続く光化門広場は、朝鮮水軍を率いた国民的英雄、李舜臣(イ・スンシン)将軍、セジョン(世宗)大王の銅像があります。

ソウルのおすすめ観光地7.吉祥寺

城北洞エリアにあるお寺「吉祥寺(キルサンサ)」は、朝鮮時代に都城の北側に位置しています。このエリアは諸外国の大使館や「冬のソナタ」でおなじみのぺ・ヨンジュンがマイホームを購入したと今話題の場所です。ソウルのおしゃれカフェが密集して、雰囲気も落ち着くということで日本でも人気沸騰中! そしてこの吉祥寺(キルサンサ)は、随筆「寺無所有(ムソユ)」の著者法頂(ポッチョン)僧侶(2010年に逝去)の創建した禅寺で「欲を捨てること」を唱えた本はベストセラーにもなり、境内にはその随筆者の教えが方々に書き込まれています。

ソウルのおすすめ観光地8.YELLOW CAFE



※写真はイメージです。

東大門の大人気店、バナナ牛乳カフェ(韓国語でバナナウユ)の「YELLOW CAFE」ではバナナ牛乳をテーマにしたお店です。韓国でバナナ牛乳といえば超がつくほどメジャーな飲み物で、コンビニや大型スーパーマートなどどこにでも置いてあります。

店内には、バナナウユのグッズやアレンジメニューも豊富に揃い、一時は待ち時間があったほど。メニューの一部には「バナナ紅茶ラテ」「バナナアイスクリーム」などイートインコーナーで食べることもできます。やさしい味わいで日本人の口にもあうデザートは東大門の「現代シティアウトレット」の地下2階に売っています。

ソウルのおすすめ観光地9.国会議事堂

ソウルの国会議事堂は、漢江(ハンガン)の中洲、韓国のマンハッタンともよばれる汝矣島(ヨイド)にあります。広大な敷地にある建物は、天井部分のエメラルドグリーンが遠くからでも確認でき、入り口には「ヘテ」という韓国の想像上の動物がお出迎えしてくれます。日本の狛犬のような伝説の動物は「一本角で邪悪を見分け、悪を退治する能力を持つ聖獣」として崇められ、国会議事堂の他、景福宮光化門前などでも見ることができます。また、このヘテの下には、韓国産赤白ワインが埋められているとの都市伝説があり、南北朝鮮が統一をした際にこのワイン酒でお祝いするかもしれない、というハッピーな願いが込められているようです。周辺のレストランも各国の要人をお迎えすることもあり、おいしいプレミアムレストランも軒を連ねています。

ソウルのおすすめ観光地10.明洞

ソウル最大の繁華街、明洞(ミョンドン)は、エステやコスメ、洋服専門店などが集まっているので地元ソウルっ子にも、旅行者にも人気のNO.1エリアです。夕方になると続々と屋台も集結、朝から深夜まで空いているレストランやカフェもあり、1日だけじゃものたりない観光地です。

お土産や買物も、24時間営業、商品3000点以上の品ぞろえの万能スーパー「ピンクマート」や「明洞マート」でお土産がすべて安く手に入るので、韓国のりや韓国のお菓子、プチプラコスメなどを探すのもまた楽しみの1つに。明洞にある「世宗(セジョン)ホテル」や「ホテルスカイパーク 明洞3」などのホテルも利便性が高く、日本人からの宿泊者もよく見られています。

ソウルのおすすめ観光地11.SUM MARKET



※写真はイメージです。

日本でも人気の東方神起や少女時代、EXOのSMエンターテイメントが運営する「SUM MARKET」は、SMの新社屋SMコミュニケーションセンター(清潭駅から徒歩1分)の地下1階にあります。所属アーティストの公式グッズ販売やコラボ商品があり、ファンにはたまらないショップとなっています。

東方神起の「辛い韓国海苔」や少女時代の「キャラメルポップコーン」などのほか、生活雑貨、コラボ商品、アロマグッズや食器などもあって、店内はいつも女性客が多く賑わっています。

日本でも東京赤坂Bizタワー1Fにモダンコリアレストラン「SMT TOKYO」が2016年12月にオープンしましたが、SUM MARKETとは違ったコンセプトですので、韓流アイドルのグッズはぜひソウルSUM MARKETを訪れて、限定商品をお土産にしてみてはいかがでしょうか?

ソウルのおすすめ観光地12.ヘラ



※写真はイメージです。

韓国のコスメブランド「Hera(ヘラ)」は、韓国美人の美しさを演出する韓国発の高級自然派コスメ。韓国で活躍する女優のパク・ミニョンさんにチェ・ジウさん、日本ではタレントのIKKOさんやモデルの梨花さん、平子理沙さんがプライベートで利用している「陶器のような肌」をつくる化粧品です。特に、UVミストクッションファンデは、美容効果抜群で韓国女子にも大人気。毛穴知らずの艶肌を目指すならコレ! と指名買いする人も。

TVCMには毎年韓国を代表する女優が抜擢されます。高級化粧品のイメージキャラクターということもあり、国民の関心度も高く、最近は、映画『猟奇的な彼女』でブレイクした女優のチョン・ジヒョンさんが選ばれ、お隣中国でも話題になりました。「Hera(ヘラ)」はコスメブランドがひしめく明洞(ミョンドン)や、ロッテ百貨店、神世界百貨店、免税店などで購入できます。

ソウルのおすすめ観光地13.ロボットキムパッ 乙支路入口店



※写真はイメージです。

韓国の海苔巻き「キムパッ」は、酢飯ではないご飯(パッ)に具材を巻き、海苔(キム)を巻いた韓国のファストフード的な食べ物です。コンビニやスーパーなどで手軽に手に入りますが、そのキムパッが、時代とともにヘルシー志向へシフトし、今「ロボットキムパッ」というお店が話題の観光スポットとなっています。

100%玄米を使用、減塩・低脂肪に化学調味料無添加の材料とこだわりを持ち、具材は肉の代わりに大豆ミートを使うなどのメニューが目立ちます。早朝便でソウルに到着したら明洞エリア「乙支路入口店」で朝ごはんに食べてみるのはいかがでしょう。おひとり様でも、テイクアウトでもOKです。

ソウルのおすすめ観光地14.JUMP (ジャンプ)

韓国伝統武芸のテコンドーやテッキョンなどをベースにしたアクロバティックショー「JUMP (ジャンプ)」。このショーはセリフがなく音楽と演技のみで構成されることや、芸術性が高く斬新な舞台演出のため世界各国で注目されています。セリフがない分ハングルがわからなくても楽しめ、またストーリーも家族を中心の展開なので、それぞれの見た目のキャラクターを楽しみつつ、笑ったり、驚いたり、大興奮のままフィナーレを迎えることができます。韓国発のニューエンターティメント「JUMP (ジャンプ)」は毎年アメリカ・ヨーロッパ・アジアで世界公演も行われますが、舞台俳優さんとも触れ合える本場韓国がやはり一番! 劇場は、明洞(ミョンドン)の隣町、忠武路(チュンムロ)にある「明宝アートホール」3Fで行われています。

ソウルのおすすめ観光地15.汗蒸幕とアカスリ

※写真はイメージです。

ソウル観光の目的のひとつといえば「エステ」という方もいる位、ソウルできれいになれる「汗蒸幕とアカスリ」を楽しみにしている方も多いと思います。

韓国風サウナ「汗蒸幕(はんじゅんまく)」は熱したドーム型のお部屋に入ってデトックス、たっぷり汗をかいて溜まった老廃物を出します。24時間営業や木を焚く昔からの方法を採用しているお店、あかすり・マッサージをセットで提供してくれるお店などがあります。女性にはよもぎ蒸しやコラーゲンパック、あかすりを同時にするところも。自分にぴったりのエステに行ってみましょう。

ソウルのおすすめ観光地16.ロッテワールド

韓国を代表するアミューズメント「ロッテワールド」は、延べ床面積が東京ドームの13倍! という広大なテーマパーク。地下鉄2,8号線蚕室駅とつながっていて駅から歩いて5分の場所に入口があります。とっても広い「ロッテワールド」は、室内のテーマパーク「アドベンチャー」と野外の「マジックアイランド」の2つに分かれていて雨天時でも飽きさせない、という仕掛けもうれしいです! 毎日行われるパレードやステージパフォーマンスなどのおもてなしも豊富ですがアイススケートリンクや韓国文化に触れられる「民俗博物館」もあるので外国からの観光客でいっぱいです。子ども連れにもうれしい韓国の童話の世界を体感できるキッズエリアもありますので、ソウル観光の際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

17.エバンス

ジャズが毎日生演奏で聞けるあるクラブ「EVANS(エバンス)」は、テーブルや椅子などもおしゃれインテリアでまとめられ、落ち着いた雰囲気でより大人な気分に包まれた場所です。「No Music、No Life」なJazz大好きソウルっ子にももちろん大人気! 公演料もリーズナブルで、毎日ジャズを聴きながらお酒をたしなみたい方にはぴったりのお店です。場所は弘益大学があるエリアにあり、個性的な人たちも多く街全体がソウルの最先端の香り。街をぶらり散歩しているとフリマや路上ライブもあるので、その場所にいるだけでテンションアップすること間違いなしです。

ソウルのおすすめ観光地18.板門店

朝鮮戦争の休戦協定が調印された板門店はソウルの北緯37度、東経26度にあり、軍事境界線(休戦ライン)の非武装地帯の真ん中にあります。休戦以来、南北会談(大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国)の窓口として何度も会談が開かれているのでテレビやニュースで見たことのある人も多いはず。もともとひとつの民族が分断されているのは世界でも数カ国だけなので、統一へ向けて世界中の注目が集まります。また韓国へ訪れたならツアーも気になるところ。北朝鮮が韓国侵攻のために掘削した「第2トンネル」「第3トンネル」、会議が開かれる「板門店」などの見学ツアーは大人気。厳しい管理下で今も緊張状態の軍事境界線付近に足を踏み入れられる体験はとっても貴重です。

ソウルのおすすめ観光地19.韓国観光公社

韓国観光公社は、韓国の魅力や情報を世界中に伝える観光事業開発公社です。なんといってもその時代の韓国のスターが広告塔となって世界中のメディアに出現するので韓流ファンにはチェックが欠かせません。2016年はソン・ジュンギさん、2015年は韓国版「花より男子」F4に出演したイケメン俳優、イ・ミンホさん。韓国観光PR映像史上最高の再生回数2,000万回を突破した「歴代最高CM」は女子の心をわしづかみ。(ちなみに2014年はBIGBANG、2013年はPSYでした)。韓国の魅力をたっぷり30秒で紹介するCMは毎年誰が起用されるか注目の的! その他、韓国についての基礎知識や礼儀、生活習慣などもきちんと説明しているので観光する前に一度HPをチェックするとGOODです。

ソウルのおすすめ観光地20.ビバップ

韓国料理「ビビンバ」をテーマにした、笑いとダンスのエンターテイメントショー「ビバップ」。どんぶりのような器にご飯をいれ、上にナムル、調味した肉、卵、ホウレンソウなどさまざまな具をのせて混ぜ合わせて食べる料理ビビンパは、現地ソウルで本場の味を味わいたい一品。そのビビンバがテーマのアクロバティックショーなんて、とっても斬新!! ビビンバを作る時に出る音の「じゅわーッ」や「ざっざっ」(野菜を切る音、調理する(フライパンで炒める)音)を俳優がアカペラやボイスパーカッションなどで表現し、さらにアクロバティックに演出されたショーは観客参加型になっています。観客は出演者と一体感も味わえ、とても不思議でかつ笑えるとても魅力的なショーです。

ソウルのおすすめ観光スポットを紹介しました。日本から約3時間で行け、日本人観光客も多いソウルは海外旅行ビギナーにとってもおすすめ。初めての海外旅行はソウルを選んでみてはいかがでしょうか?

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)
学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。