小栗旬、ドラマ『銀魂』の見どころは「土方の勇姿」福田雄一監督も自信満々

写真拡大

7月15日(土)よりdTV(※)で独占配信される、映画『銀魂』(7月14日公開)のオリジナルドラマの映像が解禁。さらに、メインビジュアルと場面写真も公開された。

本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗旬)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。

また、今回のdTVオリジナルドラマは、劇場版と同様の豪華俳優陣とスタッフが再集結し、原作の超絶人気エピソード「ミツバ篇」の映像化に挑戦。「ミツバ篇」は、お江戸の治安を預かる真選組の活躍を描いた銀魂随一の感動作。真選組の沖田(吉沢亮)の姉・ミツバ(北乃きい)を巡る陰謀と、そこに立ち向かう真選組の活躍を描いている。迫力のある殺陣が見どころのアクションシーンに加えて、沖田と土方(柳楽優弥)の確執を生むきっかけになった過去や、互いに想い合いながら別々の道を歩むことになったミツバと土方の悲恋など人間ドラマにも注目だ。

公開された映像には、土方と沖田の道場での白熱の稽古シーンや、ドラマでしか見ることのできない真選組による迫力ある殺陣シーンが満載。さらに口から火を吹きだす銀時から、沖田必殺のバズーカを放つ名シーンまで、銀魂らしい魅力が詰まったコミカルなシーンが詰まっている。

そして、劇場版同様、ドラマの主題歌もUVERworldの「DECIDED」に決定。ヴォーカルのTAKUYA∞が「銀魂の世界を盛り上げる起爆剤を提供できればという思いで作りました」とコメントを寄せているように、ドラマでも、大切な人への思いを胸に秘めて戦う真選組の物語を、より一層盛り上げる。

ドラマの見どころを、小栗は「土方くんの勇姿です」と挙げ、撮影中のエピソードを聞かれると「沖田くんが楽しかった」とコメント。さらに、「dTV会員の皆様、かっこいい真選組をお楽しみください」とメッセージを寄せた。

劇場版同様に監督を務める福田雄一は、「ミツバ篇は劇場版と違い、真選組がメインに据えられたお話で、土方人気が一気に確立したお話と聞いています。おかげで真選組の面々、勘九郎さん、柳楽くん、吉沢くんがとても魅力的に描かれています。熱い友情がダイレクトに伝わるストーリーに3人の演技が見事に噛み合って、ぶっちゃけ、傑作の出来です」と自信満々。見どころについては、「劇場版とは全くテイストの違うアクション。いわゆるアクロバティックなものではなく、男臭い斬り合いがメインになっています」と明かした。

また、劇場版と平行して行われたドラマ撮影を振り返り、「体力的に死ぬほど追い込まれたのを覚えています。前の日に劇場版を撮って、次の日朝からミツバ篇を撮り始めて、夜の11時まで東京ロケ、そこから栃木に移動して、朝の5時まで撮影。その後、また東京に戻り10時から劇場版の撮影って時はさすがに疲れました」と疲労をにじませつつ、「ただ、役者さんの熱が凄かったので、楽しく乗り切れました」と語っている。

※dTVサービス概要
dTVとは、話題の映画やドラマ、最新のアニメをはじめ、人気アーティストのミュージックビデオやライブ映像、さらにはカラオケやマンガまで、多彩な全18ジャンル、約120,000作品が月額500円(税抜)で楽しめるサービスのこと。