サントスシェフのプレミアムアイス12個セット

写真拡大

2016年5月に、店舗が小竹向原に移転して、よりゆったりとくつろげる落ち着いた雰囲気となった「クリオロ」。私は、以前からこちらのアイスクリーム&シャーベットが好きで、毎年、夏季限定で登場するのを楽しみにしていました。それがこの2017年、全種類をリニューアルしたと伺って、えっ!さらに進化したの?とびっくり。

「クリオロ」のサントス・アントワーヌシェフにお伺いしたところ、ブランドイメージに合わせて、パッケージもより落ち着いたブラウンカラーにしただけではなく、よりなめらかな食感やクリアな味を求めて、レシピも全て一新されたそうです。
中身は、ヴァニラとショコラが2個ずつ。あとは、フレーズ(いちご)、マンゴー、ピスターシュ、ペッシュ(桃)、カシスココ、モンブラン、チーズケーキ、抹茶黒蜜の全10種類です。

私が好きなフレーバーの一つが「ピスタチオ」。驚くほど香り高くナッティーな風味の秘密は、ピスタチオそのままの豆の状態から、自店ですりつぶした自家製ピスタチオペーストを使っていること。これにイタリア産のローストピスタチオのペーストをブレンドしていて、少し渋めの色合いなのはそのためです。さらに、「今後、全てを自家製ペーストで作ってみたい」とサントスシェフ。シェフの中で、これで完成、完璧ということはなく、常に進化を続けていかれるのですね!

赤紫色が美しい「カシスココ」は、カシスとココナッツという、ちょっと意外にも思われる組み合わせですが、これがなんともよく合うのです。カシスの酸味とほのかな渋味を、ココナッツのふんわりした甘さがやさしく包み込み、メリハリのあるビビッドな味わいながら、食べやすくまとまっています。
また、「クリオロ」の人気商品である「チーズケーキ」や「モンブラン」をイメージしたフレーバーも、いかにもパティシエのアイスクリームらしくて楽しいですね。チーズの風味がしっかり感じられつつ、決して重たくなく、まさにふんわり軽い「クリオロ」のスペシャリテ「幻のチーズケーキ」を思い起こさせるフレーバー。チーズケーキ好きの方に、ぜひ召し上がっていただきたい一品です。

モンブランには、お酒は使っていないのでお子様でも安心して召し上がれます。濃厚なマロンの味わいは、栗の量をより増やそうと、マロンクリームだけでなく、よりマロンそのものに近いピューレも加えているためだそう。どちらも、コーヒーや紅茶ともよく合いますが、シャンパンやワインと合わせても、ぐっと大人っぽく味わえそうです。

また、和素材を使うのが得意なサントスシェフならではの「抹茶黒蜜」は、黒蜜ソース部分は凍らないのでとろっとやわらかく、和のデザートを食べているような印象です。煎茶と合わせていただくのもいいですね。

冷凍庫の中から、その日の気分で何を食べるか選ぶのも楽しい10種類。夏のギフトにも、喜ばれること間違いなしです。

商品名:サントスシェフのプレミアムアイス12個セット

販売:クリオロ

文:お取り寄せの達人:平岩理緒さん(スイーツジャーナリスト)