今日も頑張った私へのご褒美、やはり1日は甘いものでしめなくちゃ、と毎日のスイーツが欠かせない方もいらっしゃるでしょう。でも気になるのは、変化しやすい体重ですよね。ならばと、お店に並ぶ「カロリーゼロ」と言う言葉に目をひかれ、これなら太らず大丈夫と、安心してお菓子やドリンクを手に取っていませんか。カロリーゼロのはずが、人工甘味料によって逆に肥満を起こす可能性があるとして問題視されています。

体に吸収されない人工甘味料

カロリーゼロ商品の多くは、天然の砂糖を使わないことでカロリーゼロを実現しています。にもかかわらず砂糖と変わらない甘さがあるのは、人工甘味料を使用しているからです。人工甘味料とは、人工的に合成して作り出した甘味料。現在日本で認められている人工甘味料にはアスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロース、サッカリン、ネオテームがあります。これらは摂っても体に吸収されることなく排出されるため、カロリーとして加算されないのです。

人工甘味料の特徴は砂糖以上の甘さがあること。アスパルテームは砂糖の約200倍の甘さ、ネオテームではなんと約10000倍もの甘さをもちます。カロリーなしで血糖値を上げないと、健康面で期待されていた人工甘味料ですが、最近になって体へ及ぼす影響が次々と心配されるようになっています。

人工甘味料がインスリン分泌を促す可能性

砂糖以上の甘みをもつ人工甘味料は、少量を加えるだけで砂糖と同等の甘さをだすことができます。しかも砂糖より安いとあって、多くの企業が砂糖の代替え品として人工甘味料を使用するようになりました。しかし人工甘味料には不安な点もあり、人工甘味料が使用され始めてから日が浅く、実際に人間の体にどのような影響を及ぼすかまだ分かっていないのです。ラット使った実験などでは、人工甘味料は体に吸収されないにもかかわらず、インスリンの分泌を促すことが指摘されています。

通常、血糖値が上がると分泌されるインスリンは、血中に増えた糖分を肝臓や筋肉にエネルギー源として蓄えさせ、血糖値を下げる働きがあります。しかしエネルギー源として蓄えるには限度があるため、糖分が多すぎると脂肪に変えて蓄えさせます。人工甘味料によりインスリンの分泌が増えると、脂肪が多く作られるようになり、またインスリンには脂肪燃焼を抑える働きがあるそうです。その結果、カロリーゼロでも人工甘味料がインスリンの分泌を促すので、太りやすくなってしまうのです。

人工甘味料の中毒性

人工甘味料に関してもう一つ、味覚がの問題が挙げられます。人工甘味料は砂糖よりも甘いため、日常的に摂っていると、普通の砂糖や果物の甘さでは物足りなくなってきます。しかも人工甘味料には中毒性があると言われており、常に甘いものを欲するようになり、甘いものを断つことができなくなることがあるのです。ダイエット目的のカロリーゼロ商品は、人工甘味料の中毒性により、知らずのうちに摂取量が増えていくこともあり、ダイエットどころか逆に太ってしまうこともあるようです。

甘いものはほどほどに、そしてなるべく天然の砂糖や果物を摂るようにしたほうが良いようですね。また同じ甘味料でも自然甘味料のラカントどもありますよ。


writer:Akina