チャンネルA側、エイミーの自殺未遂報道を受け「すぐに謝罪のコメントを発表する予定」

写真拡大

チャンネルA「風の便りに聞きましたけど!?」側が放送内容のため自殺を試みたと伝えられたエイミーに謝罪の意を伝えた。

「風の便りに聞きましたけど!?」の関係者は20日、OSENとの取材で「『風の便りに聞きましたけど!?』の制作陣はエイミーにすぐに謝罪する内容の公式コメントを発表する予定だ。エイミーにも心からの謝罪の意を伝える」と知らせた

現在、アメリカに滞在しているエイミーは、最近自身の話を取り扱った「風の便りに聞きましたけど!?」を見てショックを受けた。記者に20万ウォン(約2万円) を借りたり、顔写真の補正を頼んだという暴露がそれだ。

これを見たエイミーは極端な選択をしたという。ロサンゼルスの自宅で自殺を試み、近くの病院に運ばれて救急治療を受け、生命の危機を逃れたとのことだ。

これに先立ちエイミーはプロポフォールの投薬で2012年11月に懲役8ヶ月、執行猶予2年を言い渡された。また2013年ソウル西部保護観察所で会ったクォン氏から4回にわたってゾルピデム85錠を貰い、15錠を服用した疑いで不拘束起訴され、昨年9月に裁判所から罰金500万ウォン(約50万円)、追徴金18060ウォン(約1900円)を言い渡された。

これに対しソウル出入国管理事務所はエイミーに出国命令処分を下し、これにエイミー側が出国命令処分執行停止申請を提起したが、一審と控訴審のいずれも棄却され、エイミーは強制出国することとなった。