イメージ

ソフトバンク株式会社は、固定電話を月額500円・980円で利用できるサービス「おうちのでんわ」を発表した。7月5日から提供を開始する。

 

本サービスは、ソフトバンクから提供される専用の宅内機器「でんわユニット」と自宅の電話機を接続し、LTEネットワークで利用できる固定電話サービス。

でんわユニットの接続と手続きだけで電話が開通するので、新たな工事が必要なく、家中のどこでも電話機を設置できる。

でんわユニットの料金は36回分割で465円×36回となるが、月月割465円×36回が適用されるので、実質0円での提供となる。

でんわユニットのサイズは95.2×95.2×49mm、重さは195g

月額料金は、ソフトバンクのWi-Fiインターネットサービス「SoftBank Air」か、「ソフトバンクまたはワイモバイル」の携帯電話とセットで契約すると、月額500円。(SoftBank Airも工事不要)

それ以外は月額980円となっている。

 

初期費用は、「契約事務手数料800円」「番号利用登録料1000円」「番号継続登録料2000円」。

 

以前に使っていた電話番号や電話機は引き続き同じものを利用でき、通話料は相手が固定電話の場合、全国一律7.99円/3分、ソフトバンク宛なら0円。ワイモバイルや他社あての通話は16円/1分と割高な印象だ。

 

オプションサービスは以下の4つを用意

・番号表示:400円

・キャッチ電話:300円

・着信転送:500円

・番号通知リクエスト:200円

発表資料

URL:https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170620_02/

2017/06/21


▷こちらもおすすめ

大人気! 崎田ミナ氏のストレッチ・イラストエッセイ本 「すごいストレッチ」の一部をご紹介!

 

プレゼンだけでなく、コンセプトづくりのアイデアも。ブランディングの現場を支える「Adobe Stock」の魅力

 

Photoshop & Illustratorでつくる手描き感デザイン