エイミー、SNSで自殺を暗示か?「居場所がない…死んだら真実が明かされる」

写真拡大

エイミーがSNSに自殺を暗示する書き込みを掲載し、話題となっている。

20日、エイミーは自身のSNSに「もう本当に疲れる。居場所がない。これ以上崩れるところもない。悲しみがない場所に行きたい。その時は明かされるだろう。笑うのも忘れた。涙も枯れた。強がるのも大変だ。全部諦めた。もともと、人が死んだら真実が明かされる。家族に申し訳ない。信じてくれた人々に感謝。みんな幸せに」と自殺を暗示する書き込みを掲載した。

これに先立ち、あるメディアはエイミーが番組「風の便りに聞きましたけど!?」の内容にショックを受け、同日、米ロサンゼルスの自宅で自殺を試みたと報じた。エイミーは近くの病院に運ばれ、救急治療を受けて命の危機から逃れたという。

韓国で19日に放送された「風の便りに聞きましたけど!?」では、富裕層出身のスターたちを取り上げた。特にエイミーについて「エイミーが記者に20万ウォン(約2万円) を借りた」「拘置所で会った記者に(写真の) 顔の補正をお願いした」など事実確認できていない内容を報じた。

エイミーは2012年にプロポフォールを投薬、2014年にゾルピデムを投薬した容疑で強制出国の処分を受け、現在アメリカで暮らしている。

2008年にOlive TV「悪女日記3」でデビューしたエイミーは、裕福な家庭環境で話題となった。