ジョニー・デップ

写真拡大

ジョニー・デップが6月20日、品川プリンスホテルで行われた映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』夏祭りプレミアにブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラリオ、日本語吹替版で声優をつとめた栗山千明、中川大志とともに出席した。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』プレミア、その他の写真

大歓声の中、登場したデップは、来日イベントの際はいつもそうしているように、差し出される色紙にサインしたり、カメラで一緒に撮影したりと、手厚いファンサービスを繰り広げる。そんな彼の姿に会場は大いに盛り上がると、デップもテンションが上がり、ステージ上では「こんにちは」を連発!

上機嫌のデップは「この映画は独立系のインディーズ映画なので予算もほとんどなく、僕たちは愛だけで作ったんだ。一銭も稼げなかったよ」と世界的に大ヒットした作品に対してジョークを飛ばすと、中川が「大好きで、一ファンとして見ていた作品に参加でき、しかもこうしてお三方(デップ、スウェイツ、スコデラリオ)と並んで立っているのが夢のようです」と感無量な表情を浮かべるも、その横で「これは全部夢ですよ」と発言。

さらに通訳が自分の発言を訳している様子を、身振り手振りを交えて口パクしたり、マイクを放り投げたり、壇上で奔放な振る舞いを繰り返すたびにファンからは大歓声が上がった。そんなデップだったが、ジャック・スパロウというキャラクターについて問われると「この役は、いろいろな材料を入れ込んだスープのような人物。こうしたキャラを作れたのは、みなさんがいろいろと期待してくれたから」と真摯に回答。スパロウという人物への愛が垣間見える瞬間だった。

初来日となったスコデラリオも「すごいきれい」「美しい」とファンからは大人気。日本については「もともと大好きで、ずっと来たいと思っていました。美しい文化と謙虚で礼儀正しい人柄はすばらしい」と笑顔で語っていた。

本作は、ジョニー・デップ主演で贈る『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第5弾。デップ演じるジャック・スパロウの盟友ウィル・ターナーの息子ヘンリー・ターナーが、父の呪いを解く力を持つ「ポセイドンの槍」をジャックとともに探す過酷な旅を描く。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は7月1日より全国公開となる。
(text&photo:磯部正和)