高橋優、“曲作りの旅”を経て高校野球応援ソング「虹」完成 収録シングル詳細も発表

写真拡大

 高橋優が、全国各地を巡る“曲作りの旅”を経て、「2017ABC夏の高校野球応援ソング/熱闘甲子園テーマソング」の「虹」を完成させた。

 試合に臨む球児たちの姿を見て浮かんだという、「虹を待つな、虹になれ」という言葉をテーマに、球児や応援する人だけでなく、夢に向かっている全ての人の背中を押すような曲となっている。同曲は、『熱闘甲子園』『ABC高校野球中継』『速報!甲子園への道』などの関連番組で使用される。また、甲子園で歌う高橋優の映像と、高校球児たちの映像を合わせたVTRが、ABCの特設サイトで公開中だ。

 なお、7月26日に発売となるシングルには、「虹」「シンプル」の両A面のほか、コール&レスポンスが楽しみなロックナンバー「白米の味」、音楽プロデューサー亀田誠治とのユニット“メガネツインズ”の「Fitting」が収録。また、ビジュアルも新たに公開となり、それぞれの楽曲のジャケットが、高橋優とこれまで交流のあったクリエーターとタッグを組んで制作された。

 「虹」はライブツアー『笑う約束』で「おかえり」のビジョン映像を制作したサンドアートパフォーマンス集団SILTと再タッグ、通常盤と期間生産限定盤それぞれにサンドアートによる高橋優の肖像画が描かれている。作品で使用されている土と砂は、『秋田CARAVAN MUSIC FES2016』を行った場所であり、秋田の高校球児たちが甲子園に向け熱戦を繰り広げている地元秋田県横手市の野球場、グリーンスタジアムよこてのもの。

 さらに、ジャケット表4を飾る「シンプル」は、『秋田CARAVAN MUSIC FES2016』でバックドロップに毛筆文字を書いた、毛筆デザイナー佐藤佳奈氏が「シンプル」を聴いて書き下ろした作品となっている。

 さらに今年も秋田音楽フェスを記念して発売されることになった『秋田CARAVAN MUSIC FES2017盤』のグッズ正式名とビジュアルも発表。名前は「高橋なまはげスタジアム・クッション」で、クッションにはフェスカラーのブルーに染まった高橋優なまはげが描かれている。(リアルサウンド編集部)