アカデミー賞主演男優賞最多ダニエル・デイ=ルイスが引退発表

写真拡大

60歳のイギリスの俳優ダニエル・デイ=ルイスが、引退を発表した。

ダニエルは映画『マイ・レフトフット』(89)、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(07)、『リンカーン』(12)でアカデミー賞主演男優賞を受賞。主演男優賞を3回獲得したのは史上ダニエルだけである。

そして、ダニエルの代理人が「Variety」誌に「ダニエル・デイ=ルイスは今後俳優として働きません。彼はこれまで長い年月、一緒に製作をしてきた人たちや観客にとても感謝しています。これはプライベートな決断で、これ以上彼も彼の代表もこのことにコメントすることはありません」と表明した。

ダニエルは『リンカーン』のあとでしばらく俳優業を休んでいたが、今年12月にアメリカで、来年2月にイギリスで公開を予定している映画『Phantom Thread』(原題)で再びスクリーンに戻ってきていた。