Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ディーン・フジオカがNHKの朝ドラ「あさが来た」の西谷真一監督とのタッグで、結婚詐欺師を演じる映画『結婚』が6月20日(火)に外国人特派員協会で上映され、ディーンさんと西谷監督がそろって会見に出席した。
井上荒野の同名小説を原作に、女たちを華麗に騙し、かりそめの幸せを与えていく結婚詐欺師・古海健児(うるみ・けんじ)の姿を描き出していく。

特派員協会の外国人記者たちの拍手に迎えられたディーンさんは、得意の英語と日本語を巧みに使い分けながら次々と質問に答えていく。誠実に見えるディーンさんと詐欺師・古海の共通点、古海への共感を問われると「俳優がやっている仕事の内容、実際の作業は詐欺師に近い部分があるなと思ってやっていました。俳優は求められた役を求められた場所でやるプロフェッショナル。詐欺師はエゴのために法律を破る。その差は大きいけど、やっていること自体は似ている部分がある」と独特の見解を口にする。

さらに、“詐欺師”として女性たちに幸せを与える手法、どんなことを意識したのかを尋ねると「いろんなテクを使って」とニヤリ。「まず相手に好意を持つことが大事だと思います。『この人は何をしたいのか? 何を考えているのか?』と相手に対し興味を持ち、そこに相手がいやすいようにエスコートするのも大事ですね」とディーン流(?)女性へのアプローチ術を披露! 「相手を好きになって、結婚したいというピュアな気持ちが、なぜかねじれや倒錯があって、詐欺に繋がるというのがこの作品の肝になっていると思います」と続けた。

また、劇中のピアノ演奏シーンは自分で弾いているのか? という問いには「Yes,I did. 全部やってますよ!」と語り、記者席からは称賛の拍手が! 「ピアノを弾きながら相手のセリフを聞き…というミュージカルのようなアプローチは初めてで、難しいシーンでした」とふり返った。

西谷監督は結婚詐欺師役でのディーンさんの起用について「『あさが来た』で初めてディーンさんにお会いしたんですが、衣装合わせの時点で興奮して、ファンになってしまいました。彼は全ての役になり切ることができる役者です。その振り幅を広げて、これまでやったことのない役で、その“色気”を世の中に発信したいと思いました」と説明する。
監督にとっての「結婚とは?」という本質的な問いには「癒しです」と語ったが、ディーンさんに背中を押されて「僕は何回か結婚してます(笑)」と告白。ディーンさんは「説得力あるでしょ(笑)?」としみじみとうなずいていた。

『結婚』は6月24日(土)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
結婚 2017年6月24日より全国にて公開
(C) 2017「結婚」製作委員会

■関連記事:
ディーン・フジオカに共演陣メロメロ!? 萬田久子「わかってても騙され続けてあげる」
ディーン・フジオカ「結婚しよう…」主題歌入り『結婚』予告編公開
ディーン・フジオカ&MISIA&満島姉弟ら豪華ゲスト発表!「さんまのまんま」SP
ディーン・フジオカ出演の最新台湾映画『恋のダンクシュート!』DVD発売決定
ディーン・フジオカ、長瀬智也の“敵役”に!「もっと一緒に芝居したかった」『空飛ぶタイヤ』