岡山FW豊川雄太、「テニスボール練習法」を明かす

写真拡大

2016年に行われたAFC U-23選手権で大活躍し、日本代表の優勝に貢献した豊川雄太。

鹿島アントラーズからファジアーノ岡山へとローン中であるが、昨シーズンの成績が評価され、その期間は今季も継続となっている。

そんな豊川は今季のJ2でここまで5得点。

3連敗で迎えた先月21日(日)、当時首位だった横浜FCとの試合では難しいボレーシュートで先制点をマークした。

0-0で迎えた38分、パク・ヒョンジンからのクロスボールを上手く合わせ、ニアサイドへとボールを運んだ豊川。利き足は右であり、逆足でもしっかりとしたコントロールができることを証明した。

そんな豊川だが、このゴールが生まれる背景には意外な練習方法があったようだ。

『岡山放送』で流れているクラブ応援番組「ファジスタ」の中、この得点について以下のように話していた。

豊川 雄太(ファジアーノ岡山)

「テニスボールの効果が出ました。

(シュート練習を)テニスボールで戸田コーチとやってたんですけど。

テニスボールでやってるんですけど、常にミートを心がけていて。あれは上手く力が抜けて、ミートするだけでした。

(ボールを)出してくれたヒョンジンにも感謝ですけど、戸田コーチにも感謝です」

豊川によれば、戸田光洋コーチと一緒にテニスボールを使ったシュート練習をしていたという。

テニスボールはサッカーボールより遥かにコンパクトであり、サッカーの世界でもゴールキーパーの練習で使用されるケースはあった

しかし、フィールドプレーヤーのトレーニングで使われているというのはより珍しいと言える(それも国内で)。

ボールが小さいということは当然スイートスポットも小さくなるわけで、シュートする瞬間の感覚を研ぎ澄ますためにこのような練習法に出ていたようだ。