SEVENTEEN「想像もできないほどファンが増え、感謝しているし不思議だ」

写真拡大 (全3枚)

4thミニアルバム「Al1」でカムバックしたSEVENTEENが彼らのコンセプト“清涼な悲しみ”について語った。

SEVENTEENは23日に発売される「@star1」7月号を通じて公開されるグラビアとインタビューで、4thミニアルバム「Al1」に対し「少年期の停滞を乗り越える少年の成長記だ」と紹介した。また、ミンギュは「今回のアルバムは恋人と別れたというよりは、“悲しみ”そのものに対するアルバム」と付け加えた。これに対して、バーノンはアルバムのコンセプトである“清涼な悲しみ”について「成長しながら初めて感じた悲しみのことだ」と明らかにした。

また、リーダーのS.COUPSは「ロサンゼルス撮影時の面白いエピソードはあるか」という質問に「デビュー当初は小さな部屋で小さなマイクで制作をしていた。今回ロサンゼルスの宿舎で小さなスピーカーでレコーディングをしながら、スタート地点に戻った感じだったので、懐かしさを感じた。今のメンバーたちを改めて誇らしく感じた瞬間だった」とし、メンバーたちに感謝の気持ちを表した。

続いて「今回のアルバムで特に気を使った部分はあるか」という質問に、S.COUPSは「ファンに対する愛情はますます深くなっているが、表現ができなかった。CARAT(ファンクラブ名) の愛情にお応えしようというのが今回のアルバムの目標だ」とし、ファンへの愛情を表した。また、ウジは「SEVENTEENのタイトル曲、収録曲すべて、メンバーたちがアイディアを出しながら努力した結果だ」とし、メンバーたちのチームワークも見せつけた。

また、「今回の『2017 DREAM CONCERT」のとき、順番が変わった。僕たちがコンサートの後半の順番であることに、本当にびっくりして不思議だった」とし、高くなった人気についても伝えた。ウジは「現在進行系のグループであるため努力しなければならない」と謙虚な姿を見せた。ジョシュアは「それでも単独コンサートをするというのは夢みたいだ。練習生の時は100人ほどのCARATの方に来ていただいたが、ショーケースや事前収録をする時に想像もできないほど来ていただいて、感謝しているし不思議だ」と感想を明かした。

6月23日に発売される「@star1」7月号でSEVENTEENは、「7月のSEVENTEEN」というコンセプトのグラビアを撮影した。今回の7月号では、SEVENTEENのアルバム制作の裏話やメンバーたちの友情、そしてこれからの活動に対する率直な話を聞くことができる。