『スター・トレック:ディスカバリー』でジョージャウ船長役を演じるミシェル・ヨー

写真拡大

『スター・トレック』の新たなドラマシリーズとして、ファンの期待を集めている『スター・トレック:ディスカバリー』。その配信日がついに発表された。

本作は日本ではNetflixにおいて、9月25日(月)より独占配信。25日に第1話と第2話の配信が開始され、以降は毎週新たなエピソードが追加されていく形式になる。また、シーズン1(計15話)は大きく二つに分けて配信。11月6日(月)配信の第8話まではエピソードが毎週追加され、その後のエピソードは2018年1月からの配信となる。

そして米Entertainment Weeklyが伝えたところによると、これまで配信の延期が繰り返された理由について、ショーランナーのアーロン・ハーバーツとグレッチェン・J・バーグ(ともに『リベンジ』)は、世界構築に時間がかかったと説明している。

「小道具や衣装、撮影セットの一つひとつに、芸術性と職人芸が凝らされています。デザインと製造という工程が必要になるのです。宇宙艦隊の制服の生地を選ぶために、衣装デザイナーにスイスへ飛んでもらいましたし、制服に着けるアイテムは3Dプリントで作成しました。撮影セットの設置には6週間以上かかることもありました。ファンが価値を見出してくれるものを作るため、CBSは時間と予算を与えてくれました」と述べるハーバーツ。またバーグも、「(映像に登場するものは)とても美しく、世界構築を新たな段階に押し上げるものとなっています」と話している。

さらに二人が明かしたところによると、先月公開された予告編に登場したブリッジは、宇宙船「神舟」のものであり、宇宙船ディスカバリーのセットはまったく異なるデザインになっているということだ。

『スター・トレック:ディスカバリー』は、新たな世界と新たな生命を発見する任務に赴いた宇宙艦隊の船の旅路を描く作品。9月25日(月)の配信を楽しみに待ちたい。(海外ドラマNAVI)