株式会社主婦の友社は、やさしい解説で水墨画を基礎から学べる入門書「改訂新版 初心者のための水墨画入門」を6月14日に発売した。B5判/104P/1,400円(税抜)。本書は、数多くの弟子を持ち、指導経験豊富な日本水墨画会の第一人者、塩澤玉聖氏が、初心者向けに水墨画の描き方を解説した入門書だ。花や植物、風景、干支など、様々なモチーフを墨色の濃淡で表現する方法を解りやすく指南している。

道具選びや、墨の調整法、筆の運び方など、基礎的なノウハウが大きな写真とともに丁寧に説明されているため、初めての人でもすぐに描き始めることができる。また、自然で広がりのある構図にするポイント、顔彩で鮮やかなアクセントをつける方法など、ステップアップの方法が各所に盛り込まれており、ぐんぐん上達してすぐに本格的な水墨画が描けるよう考えられた構成になっている。

本書には、お手本も多数掲載されているので、プロの技を取り入れながら、個性的な水墨画をどんどん描いてみよう。うちわやぽち袋といった日用品を水墨画で飾ったり、挨拶状に水墨画で季節感を添えたりと、日常に取り入れるアイデアも満載で、基本を身に着けたらすぐに使える実用的な一冊となっている。出版社:株式会社主婦の友社
価格:1,400円(税抜)
塩澤 玉聖 著
URL:http://www.shufunotomo.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4074253437/
2017/06/21
▷こちらもおすすめ

大人気! 崎田ミナ氏のストレッチ・イラストエッセイ本 「すごいストレッチ」の一部をご紹介!

 

プレゼンだけでなく、コンセプトづくりのアイデアも。ブランディングの現場を支える「Adobe Stock」の魅力

 

Photoshop & Illustratorでつくる手描き感デザイン