【詳細】他の写真はこちら

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、徹底した高音質・低ノイズ設計によって圧倒的な高S/N(117dB:『N-70AE』 バランス出力時)を実現し、ファイルオーディオの一層の高音質再生に対応する、パイオニアブランドのネットワークオーディオプレーヤー『N-70AE(S)』、『N-50AE(S)』2モデルを7月上旬に発売します。



▲『N-70AE(S)』 価格:18万8000円(税別)。



▲『N-50AE(S)』 価格:11万5000円(税別)。

先進の技術による多彩な再生機能と対応フォーマットを実現



【有線ネットワーク、USBでDSD11.2MHzまでハイレゾ再生】

WAV/FLAC/Apple Lossless/AIFFの192kHz/24bitファイルの再生はもちろん、DSD 11.2MHzまでのネイティブ再生にも対応。外付けHDDやネットワーク上のNASに保存されたファイルの再生が可能です。また本機に搭載されたUSB端子(フロント・リアに各1系統)からUSBフラッシュメモリーに保存されたファイルも再生可能。

【外付けHDDやアシンクロナス転送USB DAC機能に対応】

USB Type A/B端子を装備しています。外付けHDDをはじめ、USBメモリー入力、さらには最大384kHz/32bitまでのハイレゾ音源や最大11.2MHzのDSDネイティブ再生が可能なアシンクロナス転送USB DAC機能を実現。192kHz対応同軸/光デジタル入出力端子では、CDプレーヤーなどを接続し、高性能DACによる高音質再生も楽しめるそうです。

【PCレスでハイレゾファイルの購入・ダウンロードを実現】

PCを使わずに、スマートフォン・タブレットなどから「e-onkyo music」で購入した楽曲を、ネットワークに接続している『N-70AE』『N-50AE』に接続した外付けHDDへ直接ダウンロードすることができます。また、『N-70AE』『N-50AE』に接続した外付けHDDとPCの間でネットワーク経由でハイレゾファイルを移動・保存することも可能。

空気の質感までもリアルに再現する、かつてない高S/Nを追求した高音質技術



【圧倒的な高S/N、低ノイズ化を可能にするツインDAC搭載 (『N-70AE』)】

『N-70AE』は、L・R各チャンネルにESSテクノロジー社製高性能8ch DAC ES9016S「SABRE32 Ultra DAC」を独立搭載。各チャンネルそれぞれを8chパラレル駆動、最大384kHz動作により、高精度なD/A変換を実現しています。これまでにない高S/N、低ノイズ化を達成し、クリアで抜けの良いサウンドでありながら、しっかりとした厚みのある再現力を獲得。『N-50AE』ではES9016S「SABRE32 Ultra DAC」 x1によるL・R各チャンネル4chパラレル駆動を行います。



【ノイズを極限まで抑える、フルバランス回路を搭載 (『N-70AE』)】

D/A変換から信号出力までアナログ全段を、L・R独立させたフルバランス回路で構成。GNDを根本的に見直したパターン設計を施し、外乱ノイズの影響を排除した高品位伝送を実現しています。さらに、バランス出力に対応したアンプとの接続では、伝送系の共通インピーダンスを極限まで抑えることで、チャンネルセパレーションを一層高める効果を発揮。また、内蔵のヘッドホンアンプへの入力もフルバランス伝送による入力を行うことで、ノイズを極限まで抑えた高音質なヘッドホン出力を可能に。



【ハイレゾ音源ファイルをより高音質で楽しむPQFA搭載】

新開発PQFA(Precision Quartz for File Audio)により信号経路で生じるジッターを大幅に低減。ハイレゾ音源の情報を余すことなく引き出すことが可能です。

【アナログ/デジダル独立、高性能ツインEIコア電源トランス】

デジタル回路、アナログ回路専用の電源トランスで、デジタル回路の干渉を抑えた完全分離設計を採用。『N-70AE』ではハイパワーのトランスより発生する不要な電磁波を、銅メッキと制振塗装を付加したシールドケース、さらにケース内にエポキシ系樹脂を充填することで封じ込め、ノイズや振動から隔離。これにより、ダイナミクスと静寂性を両立した音質を実現しているそうです。

関連サイト



『N-70AE(S)』製品情報

『N-50AE(S)』製品情報

パイオニア公式サイト