260年以上に渡り継続して時計を作り続けている、最古のブランド「ヴァシュロン・コンスタンタン」。この度、ブランドアイコンである「パトリモニー」から男女兼用の2モデルが発表されました。ブラウン・ストラップは今夏、パープル・ストラップは6月より発売です。

 

 

老舗ブランドが打ち出した男女兼用のエレガントウオッチ

ヴァシュロン・コンスタンタンは、スイス時計界の最高峰にして、最古級の歴史を誇るブランドです。

 

「パトリモニー」は、ヴァシュロン・コンスタンタンを代表するドレスウオッチで、1950年代に手がけたモデルから着想を得て2004年に作られました。

 

今ではシックな印象の3針モデルをはじめとした幅広いラインナップを展開し、定番ドレスウオッチとして不動の人気を得ています。

 

今回発表されたのは、3針モデルから男女どちらの腕にも馴染むように作られた、36mmの小ぶりサイズ。

 

オパーリン仕上げのシルバートーンダイアルは、細身のバトン型針とピンクゴールドのアワーマーカー、“パール”と呼ばれるドットのミニッツトラックという組み合わせ。ダウンサイズしても、美しい時刻表示は変わりません。

↑わずかにせりあがったオパーリン仕上げのインデックスと周りを取り囲むシンプルなケースの調和が美しい

 

サファイアクリスタルのシースルーバックからは精巧に仕立てられたムーブメントが確認可能。もちろんジュネーブ・シールを取得しているので、時計を外してじっくり鑑賞するのも愉しみのひとつ。

↑ヴァシュロン・コンスタンタン「パトリモニー・スモールモデル」/2,650,000円(7月より価格改定のため2,725,000円)/ブラウンRef.4100U/000R-B180、パープルRef.4100U/001R-B180/自動巻き/36×8.1mm/18Kピンクゴールドケース

 

アリゲーターストラップは光沢仕上げのパープルと、ダークブラウンという2色を展開。性別を問わないので、パートナーへのプレゼントやカップルで色違いを身につけて楽しむのもオススメです。