男子テニス、エイゴン選手権、シングルス1回戦。試合に臨むスタン・ワウリンカ(2017年6月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニス、エイゴン選手権(AEGON Championships 2017)は20日、シングルス1回戦が行われ、大会第2シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka、スイス)は6-7(4-7)、5-7でフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez、スペイン)敗れ、グラスシーズン初戦を白星で飾ることはできなかった。

 全仏オープンテニス(French Open 2017)決勝でラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)に敗れて以来の試合に臨んだ世界3位のワウリンカだったが、過去8試合で4敗を喫していたクイーンズクラブ(Queen's Club)での苦い記憶を払拭(ふっしょく)することはできなかった。

 一方、3年前の同大会でも決勝に進んでいた世界32位のロペスは、相手の意表を突くグラスコートを知り尽くしたテニスで、四大大会(グランドスラム)3勝のワウリンカに対応させなかった。

 先週のメルセデス・カップ(MercedesCup 2017)で準優勝を飾っていた35歳のロペスは「スタンとの対戦はタフになると分かっていたし、素晴らしい勝利になった」と語った。

「私はツアー最年長選手の一人だが、今も体に問題は感じていない。10年前より試合を理解しているし、先が読めるようになった」
【翻訳編集】AFPBB News