EXILE HIROが率いるLDH JAPANと、俳優の別所哲也が代表を務めるショートフィルムの総合ブランド「ShortShorts」が、この度コラボレーションを果たした。「CINEMA FIGHTERS」と銘打たれたこのプロジェクトの作品は、現在、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017」(以下、SSFF & ASIA)の各会場にて公開されており、今秋には劇場公開も決定している。

参考:『HiGH&LOW』と『たたら侍』は表裏一体の作品だーー共通するLDHの本物志向

 「CINEMA FIGHTERS」は、作詞家・小竹正人が手がけたEXILE TRIBEの人気楽曲を、気鋭の映画監督たちがショートフィルム化する企画で、2016年のカンヌ国際映画祭短編部門の審査委員長を務めた河鹹照監督ほか、6人の監督が参加している。また、EXILE TRIBEからは、AKIRA、岩田剛典、Dream Ami、石井杏奈、町田啓太、鈴木伸之らが役者として参加。個性豊かな6作品を、それぞれのカラーで彩っている。

 今回、リアルサウンド映画部では、6月1日に行われた「CINEMA FIGHTERS」プレミア試写を訪れ、エグゼクティブプロデューサーのEXILE HIROとSSFF & ASIA代表の別所哲也に取材を敢行。今回のコラボレーションが実現した経緯から、ショートフィルムが持つエンタテインメントとしての可能性についてまで、大いに語ってもらった。

■HIRO「最高のスタートラインに立つことができた」

ーーEXILE TRIBEの人気楽曲をショートフィルム化するアイデアは、とても刺激的です。SSFF & ASIAは世界に開いた映画祭で、ワールドワイドに活躍するLDHとも相性が良いと感じました。そもそも、コラボレーションのきっかけは?

HIRO:僕はもともとSSFF & ASIAのファンだったのですが、別所さんとお会いしたときにその活動について詳しくお話を聞いて、改めて素晴らしさを感じました。それで、「なにかご一緒にしたいですね」とお話させていただいて、それからコミュニケーションを重ねることで、徐々にアイデアが固まっていきました。

別所:本当にご縁ですね。僕自身も、音楽とショートフィルムをいかに繋げるかというアイデアを温めていたタイミングだったこともあり、すぐに一緒にやることが決まりました。作詞家・小竹正人さんの世界観を映画にするアイデアは、HIROさん発案のものでした。ミュージックビデオとはまた違う、国際映画祭に出すことができる“短編映画”を制作して、新しい映画のあり方を提示したいというビジョンは、そのときから共有していましたね。また、私たちの映画祭に集まってくる、まだ無名だけれども才能のあるクリエイターに対して、新しいチャンスを与える場を作りたいという想いもありました。LDHの映画配給会社・LDH picturesが、その道を切り拓いてくれたんです。

ーーHIROさんは、映画というエンタテインメントについて、どんな可能性を見ていますか?

HIRO:僕は映画が大好きで、そこから新しいエンタテインメントのインスピレーションを得ることが多かったんです。ミュージックビデオはもちろんのこと、新しいライブの演出にも、映画の影響はあります。映画は、その物語や展開にリズムがあり、登場人物それぞれに個性があって、総合的なアートでもある。EXILE TRIBEが目指すエンタテインメントとも通じる部分があり、そこに刺激を受けていました。だからこそ、いつかは自分たちで映画を作ってみたいと夢見ていたんです。今回のコラボレーションで、別所さんからアイデアをいただくことで、小竹正人さんの世界観を魅力的な短編映画にすることができたのは、僕たちにとっても非常に楽しく有意義でした。映画界の新たな才能と、EXILE TRIBEのメンバーがコラボすることには、まさに無限大の可能性があると思います。

ーー使用する楽曲やキャストはどのように決まったのでしょう?

別所:楽曲とキャスト陣については、HIROさんがアイデアを出してくれました。まさに一緒にクリエイトしている感覚で、ここまでたどり着いたので、産みの苦しみはありましたけれど、本当に楽しかったですね。LDHのすべてのクリエイティブとパワーを、ショートフィルムに込めてくれたなと感じています。

HIRO:監督陣の世界観を大切にしているのも、「CINEMA FIGHTERS」のポイントですよね。良い意味での個性のぶつかり合いが生まれるように、それぞれの作家性を存分に発揮してもらっています。だからこそ、仕上がりがどんな風になっているのか、すごく楽しみでした。

別所:しかも、その先陣を切っているのが河瀬直美監督というのも、このプロジェクトに勢いを付けてくれました。河瀬監督がすごく意欲的に取り組んでくれたので、ほかの監督にとっても刺激になったのではないかと思います。河瀬監督以外は、SSFF & ASIAに自らエントリーしてきた方々で、やる気に満ち溢れています。彼らはこれまで、海外のフィルムスクールで勉強をしたり、日本でミュージックビデオを作ってきて、今回の映画祭を大きなチャンスとして捉えているはずです。

HIRO:もともと河瀬さんは、EXILEに詳しい方ではなかったのですが、メンバーたちのエネルギーやパワーに共鳴してくれて、今回のオファーを引き受けてくれたんです。その結果として、監督陣はもちろん、キャストにも良い化学反応を起こしてくれました。河瀬さんは、いまでは小竹正人さんとすっかり仲良しで(笑)、今後も一緒に面白いことができそうです。最高のスタートラインに立つことができたおかげで、すでに次のビジョンも見えてきました。今回のバラエティ豊かな作品に触れたことで、さらなるアイデアも生まれましたし、良い意味で反省点もありました。また別所さんに相談しながら、さらに面白いことをやっていきたいですね。

■別所「若い才能に機会を与えるのは、未来を創造すること」

ーー『HiGH&LOW』シリーズは、LDHファンのみならず、幅広い層から人気を集めましたね。

HIRO:『HiGH&LOW』のプロジェクトに関しては、映画以外にもドラマ、ライブ、SNSなど、様々な方法でアプローチしている“総合エンタテインメント”で、そういう意味ではこれまでにない映像作品になったとは思います。ただ、僕ら自身は「映画業界に変革を起こそう」みたいな大それたことを考えているわけではなく、別所さんのような方との出会いの延長線上で映画制作に携わらせていただいているという意識です。映画業界の方々から学んで、そこで自分たちなりのアプローチを考え、その都度、丁寧に仕事をさせていただいています。また、僕にとって一番大きなモチベーションになっているのは、EXILE TRIBEメンバーたちの夢です。彼らの中には、「役者としてこんな風に活躍したい」というビジョンを抱いている者も多いので、ゼロから一緒に映画を作ることができる仕組みを構築していきたいと思っています。

別所:一緒にいる仲間たちの夢を叶えるために、その場所作りをしたいというHIROさんの考えには、とても共感します。僕自身がSSFF & ASIAを続けてきたのも、同じ理由からです。若い才能に機会を与えるのは、未来を創造することで、HIROさんはLDHを通してそれを具現化しています。しかも、音楽業界にとどまらず、映画の世界でもワールドワイドに展開しているのが心強いところです。SSFF & ASIAとしては、LDHと手を取り合うことで、21世紀の新しいシネマのあり方を探っていきたいですね。

ーーHIROさんは、これまで長期的な視点を持ってLDHを育ててきました。映像事業に関して、5年後〜10年後のビジョンはありますか?

HIRO:いつも人との出会いと、その時々のアイデアでエンタテインメントを作ってきたので、そのやり方自体は変わらないと思いますが、固定観念にとらわれずに、良い意味で日本中にインパクトを与えるような仕掛けで発信していきたいと考えています。

別所:固定観念にとらわれていないのは、ショートフィルムを制作する上でも重要なポイントです。というのも、ショートフィルムには“ノールールがルール”という言葉があるくらいで、楽しくて、かっこよくて、人の心を動かすというエンタテインメントの基本さえ踏まえていれば、あとは何をやっても良いからです。

HIRO:ショートフィルムそのものにも可能性がありますよね。ショートフィルムというと、その枠の中に収まってしまいがちですが、やり方次第では、若者からお年寄りまで気軽に楽しめる新しいエンタテインメントの形として、これまでにないマーケットを開拓できるかもしれません。デートのときにちょこっと観に行ったり、飲食店などで待ち時間に楽しんだり、そういう風に娯楽のひとつとして浸透していくところまで継続していきたいですね。ショートフィルムは、長編映画に比べて制作にかかる労力や費用も少なくて、だからこそ組み合わせの選択肢も多く、バラエティーに富んだ作品を作ることができます。ショートフィルムの魅力はそこにもあるのかなと、僕自身は考えています。

別所:アーティストであり、クリエイターであり、ビジネスパーソンでもあるHIROさんならではのアイデアですね。HIROさんの仰る通り、ショートフィルムの魅力は、その汎用性の高さにこそあります。僕は“燃費のいい映画”とか“サプリメントムービー”なんて呼び方をしているんですけれど、短いからといって面白さが減るわけではないところがポイントです。物語には、人間それぞれに個性があるのと同じように、その物語固有の体力みたいなものがあって、たとえば8分なら8分の、20分なら20分の体力があります。それを無理にストレッチして長編にする必要はないし、逆にシュリンクする必要もない。ショートフィルムならではの面白さをしっかりと見据えていけば、「CINEMA FIGHTERS」はさらに大きなムーブメントに繋がっていくはず。LDH picturesには、ファンの方々はもちろん、メディアの方々、映画業界の方々、そして僕が知る国際的な映画人たちも、大きな期待を寄せています。僕もSSFF & ASIAの代表として、彼らと一緒に様々なチャレンジをしていきたいです。(取材・文=リアルサウンド編集部)