「JAL」アプリ

日本航空株式会社(JAL)は、JALグループ国内線で機内Wi-Fiに接続できるインターネットサービスを、今後は期間限定なしで無料にて提供していくことを発表した。対象便は、JAL・JTA 国内線機内Wi-Fiサービス対応機材で運航される全ての便(777-300型機、777-200型機、767-300型機、737-800型機。国際線機材運航時は除く。J-AIR運航のエンブラエル190/170型機では「無料ビデオプログラムサービス」を提供しているがインターネット接続サービスはなし)。離陸の5分後から着陸の5分前まで、時間制限なく無料でインターネット接続を利用できる(JTAで運航する機材では便出発から到着までの利用が可能)。JALでは、2014年7月に衛星を介した機内インターネットサービスを導入し、搭乗者が機内からSNS投稿やメールのチェックなどを行える環境を有料で提供してきた。2017年8月31日(木)までは、このサービスがキャンペーンにつき無料で提供されていたところだ。今回、使用者からの好評を受け、“この先もずっと”無料で本サービスが提供されることが決定した。プロバイダーはGogoで、利用の際にはアカウント登録が必要。機内でも申し込みが可能だが、搭乗前に登録を済ませておくとスムーズで、すぐに機内でインターネット接続を利用できる。1度アカウントを作成すれば、次回以降の登録は不要だ。App StoreやGoogle Playにて無料で提供されている「JAL」アプリ(https://www.jal.co.jp/k-tai/appli/jal/)のメニューからもWi-Fi接続が可能。なお、機内インターネットサービスは衛星を介して提供されるため、飛行エリアや時間帯によっては接続が中断したり、不安定になったりすることもある。日本航空株式会社(JAL)
URL:https://www.jal.co.jp/
2017/06/21
▷こちらもおすすめ

いま話題のマストドン、その特徴から使い方まで

 

「ビジュアルサーチ」で欲しい素材がピンポイントで見つかる! 仕事効率が高まるメリット満載のAdobe Stock

 

WordPressでブログでなくビジネスサイトをつくろう