19日、韓国のインターネット掲示板に「日本人がよく買う韓国産の商品にはどんなものがある?」との質問が寄せられ、他のネットユーザーからさまざまな回答が挙がった。写真は釜山・国際市場にある土産物店。

写真拡大

2017年6月19日、韓国のインターネット掲示板に「日本人がよく買う韓国産の商品にはどんなものがある?」との質問が寄せられた。

投稿者は、文房具やカメラなどは韓国人がほとんど日本製を使っているのに対し、「そういえば日本人が韓国製品をよく使っているという話は聞いたことがない」と指摘、韓国が世界に誇るサムスン電子のスマートフォンも「日本に限ってはほとんど使われていない」ことから、「日本市場で成功している国産製品にはどんなものがあるか」気になったそうだ。

この投稿を受け他のネットユーザーがさまざまな回答を寄せているが、「日本人が愛する韓国製品」として真っ先に挙がったのは韓国のり。かなりの「推し」ぶりに「ほとんどの人がのりを挙げてるけど、一体なぜ?」と逆質問も出て、これには「日本ではのりにごま油と塩を振って焼くことはしない。だから韓国のりはご飯のおかずとして大人気なんだ」「日本ののりは韓国ののりとはまるで別の食べ物。味が薄くてむちゃくちゃまずい。それに比べたら韓国のりは『新世界』だね」などの回答が寄せられている。

のりの次に多かった意見は化粧品。お手頃価格が受けているとの分析のほか、韓国のコスメブランドが多数出している顔用パックが特に人気との意見もあった。

また、他に挙がったのは「キムチチゲ」「マッコリ」「高麗ニンジン製品」「菓子(中でもマーケットオー社のブラウニー)」などの食品・料理、そして「日本から同僚が来るとよく服を買いに行くね。料理をよくする友達はコチュジャンに興味があるみたい」との声も。

さらに、日本で韓国製品があまり使われていない理由について「日本みたいなガラパゴスで韓国の電気製品を見つけるのは難しいよ」「日本人は韓国製品の99.99%は日本のもので代えられると思ってるから、韓国製品を買わないんだ」といった意見もあった。(翻訳・編集/吉金)