「世界を変えたレコード展」レコードコレクションからたどるポピュラーミュージックの歴史

2017年6月21日(水)から7月23日(日)まで、グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル「イベントラボ」にて、「世界を変えたレコード展」が開催される。約5000点のレコードジャケットが展示されるほか、全長50mにも及ぶタイポグラフィでの「ポピュラーミュージック大年表」やインスタレーション・ブースも設置。ポピュラーミュージックが、どのように世界を変えてきたのかを実感することができる。入場無料、会期中無休で、時間は11:00〜19:00(入場は閉場30分前まで)。本イベントで展示される約5000点のレコードジャケットは、「金沢工業大学 ポピュラー・ミュージック・コレクション(PMC)」の24万枚を超えるレコードの中から選りすぐられたものだ。PMCは、レコードが持つジャケットの芸術性や技術、文化に価値を見出して開設され、25年をかけて膨大な数のレコードを収集してきた。本展では、金沢工業大学で建築を学ぶレコードを知らない若い学生たちが、プロデューサー立川直樹氏の監修のもとで膨大なコレクションを編集 / 構成し、さまざまな角度からポピュラー・ミュージックの魅力を紹介している。「ポピュラーミュージック大年表」では、歴史的な名盤のリリースはもちろん、蓄音機やレコード盤などに見る技術の発展、映画やメディアを巻き込んで創造されたポピュラーミュージックの世界などを詳細かつ整然と提示。インスタレーション・ブースでは、時代を象徴するようなレコードを中心に、雑誌や書籍などの資料も合わせた紹介が行われる。

「レコード・ジャケット・アート・ギャラリー」展示イメージ

「ポピュラーミュージック大年表」展示イメージ

■期間:
2017年6月21日(水)〜7月23日(日)

■開催場所:
ナレッジキャピタル「イベントラボ」
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館

■問い合わせ先:
K.I.T.金沢工業大学 / 一般社団法人ナレッジキャピタル / 読売新聞社
url. http://www.kanazawa-it.ac.jp/record/
▷こちらもおすすめ

いま話題のマストドン、その特徴から使い方まで

 

「ビジュアルサーチ」で欲しい素材がピンポイントで見つかる! 仕事効率が高まるメリット満載のAdobe Stock

 

WordPressでブログでなくビジネスサイトをつくろう